teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


RE:われらCBXの魂の制作者

 投稿者:CBX道楽  投稿日:2017年 2月25日(土)10時51分47秒
  2ストモトクロスレーサー用エンジン
確か雑誌に当時試作のエンジンをハスバーナの車体に乗せ
レースに出場しテスト、その時だれもホンダの2ストエンジンとは解らなかった
そのあとにRC335にetc
なんの雑誌か思い出せません。
 
 

スポンサーカラー^^

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 2月21日(火)22時22分0秒
  どもRCBXです^^

ドライダー6さま

前に掲示板に書き込まれていた17インチに変更情報を忘れていました^^
現在のバイクタイヤの供給状況だと、16インチ⇒17インチへの変更
大変な作業ですが、納得します^^

今までのホンダのスポンサーカラーで個人的に好きなのは
スペンサー時代のロスマンズカラー
ヤマハは、ロバーツの時代のマルボロカラー
スズキは、耐久レース時代のHB(ハーベー)カラー
カワサキは、やはりバリントン時代のパイオニアカラー

最近一番出番の多いスズキのGAG(GSX-50R)を、何時かはHBカラーに!!
したいな~~~^^ と思っているRCBXでした^^
 

ちはらさんへ

 投稿者:ドライダー6   投稿日:2017年 2月19日(日)18時15分53秒
  NSコムスター
16インチはホント、タイヤ選択の問題大変でした。
実はワタシの、17インチ化により120/70R17ラジアルです。

NSコム、一部で重いと言われていますが
重いのはハブでして、実は軽く高剛性なんですヨ。
 

V型エンジン^^

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 2月18日(土)22時45分38秒
  ドライダー6さま
ご無沙汰しております^^

ロスマンズカラーのVFR^^ 渋いですね~~^^ そしてホイール^^
コムスター、裏コムスター、ブーメランコムスター、そしてNSコムスター
歴代コムスターの中では
ブーメランが人気のようですが・・・個人的にはNSコムスターが大好き^^
16インチでタイヤが大変で19インチより選択しがない(涙)

エンジン開発者の○○○さまのお話しで^^
ある時、スクーターで白バイさんに御用になった時^^
白バイさんが乗っていたのがVFRの白バイ^^
ってことで・・・このエンジン・・・わたしが設計して出来たエンジン・・・^^
白バイさん・・・ハイハイ^^・・・そうですか^^・・・ハイハイ

RCBXでした^^




 

V6

 投稿者:ドライダー6  投稿日:2017年 2月17日(金)22時25分43秒
編集済
  ホント
750のV6 出て欲しかったですね~
出ていれば100パーセント買っていたでしょう。

NRは今後も買わないでしょう(買えないでしょう)

V型は燃焼タイミングが不等間隔になるため
等爆のインラインみたいな澄んだ音色とはなりませんが

しかし、あのダミ声の様な雄叫びをあげるV4は良いですよ~
インライン6のCBXとは対極にある、ある種CBX同様に究極ですネ。

初めて(たぶん)VF1000Rネタが出て(しかも ちはらさんは良いと評価)
酒がうまいドラ6
 

貴重なお話し第二弾^^

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 2月16日(木)22時02分31秒
  V6水冷750㏄エンジンは、素晴らしい出来だったとのことで

出来上がったV6エンジンを別の車体に搭載し走行試験されてそうです^^
その車輛は、どこかのホンダの倉庫に保管されているはず?・・・・・と
是非見てみたいですね~~~^^

V6エンジンが日の目を見なかったのは、当時ホンダ内では
【NR】に傾倒されていた方が多く・・・・・お蔵入りしたと(涙)

但し、時代は過ぎホンダV6エンジンは
V6ー1気筒=V5 そう^^ RC211Vに繋がっていったと
お話しされていました^^

確かに1980年代はV型エンジンの排気音
インラインエンジン音に負けてましたよね~~^^
但しレース等は、V型エンジンが強かったですもんね^^

昨日、うちの奥さんと両国に行ったのですが、
その時、偶然にも中古バイク屋さんに
とっても綺麗なトリコロールカラーの『VF1000R』が・・・・
今見ると、良いですね~~~^^

RCBXでした^^
 

われらCBXの魂の制作者

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 2月10日(金)22時18分34秒
編集済
  どもRCBXです。

先日、CBXの魂『DOHC 24バルブ 6気筒 6キャブエンジン』の開発者^^
〇〇〇さまの自宅にお伺いさせていただきました。

私にとって、CBXエンジン開発者の方は・・・
ず~~~と解らず、一番知りたく、そして是非お会いして、お話をお聞きしたい方でした^^
その疑問を解決してくれたのが・・・・・
『別冊モーターサイクリスト 2008年11月号 №371 P36』にありました^^
最高に嬉しかったですし、ず~~~と疑問だったことの答えが^^

その〇〇〇さまと、お会いできたのが数年前^^
ありがたいことに、CBXオーナーズクラブのスペシャルメンバーになってもいただけました^^
それ以降、親しくさせて頂いています^^

今回、ご自宅にお伺いさせていただき約2時間も貴重なお話しを聞くことができました。

貴重のお話しの第一弾^^
〇〇〇さまの最初に手掛けられたエンジンの話
(他の方のブログの引用です) 以下コピぺになります。
1971年ホンダ初の2ストのモトクロッサープロトタイプ『RC335』
(あのスティーブ マックィーンのエルシノアCM以前の話)

『社内では非公式に2ストロークモトクロッサーの開発が産声をあげていた。なにしろ2ストロークの開発技術はゼロからのスタート。1947年、Hondaの市販一号車、自転車用補助エンジンのHonda A型から49年のC型までは2ストロークを手掛けてはいたが、その技術が生かせるわけもない。当時のモトクロッサーとして世界的トップマシンであるチェコのCZやイギリスのグリーブスなどを購入して社員が草レースに出場するところから、そのアプローチは始められた。

しかし、実際にマシンを試作していく課程で、これを社内秘にしておく事はいくらなんでも不可能だった。そしてついに、大きな落雷覚悟で宗一郎社長に2ストローク着手の報告がなされた。だが、その反応は、いかにも技術屋らしい前向きなものだった。
 「2ストロークをやるなとは言わない。若い奴らの情熱をつみ取るつもりはない。だが、やるからには世界一のエンジンを作れ!。Hondaにしか出来ないマシンを作れ!」
こうして社内的にもお墨付きを得た2ストロークモトクロッサーの開発 が始まった』



そうなんです、今まで4ストのエンジンオンリーだったホンダにとって
超久しぶりの2ストエンジン開発
そしてモトクロッサーエンジンの開発にあたられたのがCBXエンジン開発者の〇〇〇さま
それ以降開発されたエンジン群は CBX、MVX250、VT250、VF400、550、750、1100・・・etc
そして世には出ませんでしたが『V6 750のエンジン』
このことから、はじめてのカテゴリーのエンジン開発を任されたのが〇〇〇さま!!

また、ご報告させて頂きます。
RCBXでした^^

追伸
是非是非『別冊モーターサイクリスト 2008年 11月号 №371』
お持ちでないCBX仲間のみなさま^^
〇ックオフ、〇フオク等で手に入れやすくなっているので
ペーパーコレクションに加えてください。
この本の、P36・P37は何時かは翻訳して海外のCBXフリークにお見せしたいと考えています^^


下の画像は、私の知っている唯一の
『2ストモトクロッサー プロトタイプ RC335』のことが紹介されている本で
【Honnda Motorcycle Racing Legend 八重洲出版】 2009年発売からです。
 

ヤマハのレジェンド

 投稿者:CBX道楽  投稿日:2017年 2月 4日(土)13時44分7秒
  CBX話ではないけど、いいですね。
本橋明泰さん、懐かしいです。
確か『モトコ』でしたよね
ヤマハのクラシックイベントでは、メインが本橋さん。
お元気そう。素晴らしい!
 

日本のレジェンドライダー

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 2月 1日(水)23時45分56秒
編集済
  どもRCBXです^^

今日は水曜日、わたしの休日^^
久しぶりに奥さんより、お好きにどうぞ~~^^
ってことで、お楽しみのバイク三昧^^

奥さんの親友の旦那さんより託された『OWー01』の動態確認^^
超クロスミッションでハイギヤードの為
街中の使用だと、ほとんど1速ギヤのオートマチック状態^^

自宅から一番近いバイク関係のお店が・・・
ヤマハのレジェンドの方が営んでいらしゃるお店^^  に!!
当然ヤマハの『OW-01』で、お伺いさせていただきました^^

私がバイクに興味を持った約45年以上前にヤマハのレーサーだった
『本橋明泰』さま^^ のお店 親しくして頂いていて
何回か近所のバイク好きの仲間と懇親会^^ に来ていただいています^^

マン島TT、マイクへイルウッド、アゴスチーニ、等々^^
伝説のレーサーや当時の裏話^^ 薀蓄話^^
個人的にバイク雑誌に、この話は取材していただきたく思いました!!

ホンダの宿敵のヤマハのバイクで申し訳ございません^^

RCBXでした^^
 

ノルウェーからのCBX仲間

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 1月21日(土)00時14分13秒
編集済
  どもRCBXです^^

今、北欧の国ノルウェーから、CBX仲間3人が
CBX本のイアンさん繋がりで来日しています^^

本日夜、どうにか時間の都合がつき
代官山の『蔦屋』にご案内^^  その後知り合いのバイク屋さんに^^

ノルウェーには、これだけの世界のバイク関係の本を扱っている店がないとのことで
興味津々で、いろんな世界のバイク本を購入されていました^^

もう一枚の画像は大田区にある『アニマルボート』
おもちゃ箱をひっくり返したような、楽しいお店で
こちらでも興味津々^^ いろんなバイクやパーツをジロジロ^^
そして、クラシックバイク談義^^ バイク好きに言葉は・・・必要・・・ナイ?

左から、ステーナーさん ペアーさん シィビンさん

RCBXでした^^
 

re:re:掘り出し物?

 投稿者:サーファー  投稿日:2017年 1月15日(日)22時35分25秒
  ぴょん太さま、有難うございます。  

RE:掘り出し物

 投稿者:ぴょん太  投稿日:2017年 1月15日(日)20時10分17秒
  サーファー様>

最初期'79とそれ以降でエンジン型式が変わりますので、CB1フレームナンバーに積むと、車検時に書類が色々必要になると思います。

エンジン型式
'79 CB1E
'80~'82 SC03E

一部部品流用でも、あれこれ変わっているところがあり、流用できない部分があるらしいと聞いたことがあります。

あまり詳しい情報を知らなくてすみません。

 

ミスターバイクBG 2月号

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 1月15日(日)08時58分26秒
編集済
  どもRCBXです^^

今月号にもCBX仲間が出てますね~~^^

P21  には・・・あの・・・『走る不動産号』が^^
P115 からは・・・あの方の・・・HB3号が^^
P224 には・・・CBXの開発者(クレイモデラー)の大森さんが^^

立ち読みではなく購入して、ゆっくり読でくださいね~~^^

RCBXでした^^
 

訂正

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 1月11日(水)12時43分47秒
  http://www.motorcycleproject.com/text/auto_valves.html
これも不十分かもです。

クラッチ側カバーの上にある継手の位置が問題であることが説明されて無いですね。
そこが最も重要でした。
 

高い所から低い所へ流れ落ちる

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 1月11日(水)12時32分10秒
  NO.1コンロッド曲がり対策とオーバーフロー対策は違います。

http://www.motorcycleproject.com/text/auto_valves.html
これにもちゃんと書いてあります。(初めて見た)

79のドレンホースの引き回しを見れば一目瞭然だと思うのですが。
 

掘り出し物?

 投稿者:サーファー  投稿日:2017年 1月11日(水)08時59分27秒
  いまヤフオクに出てるエンジン、最後期型って他年式との違いは有るものなのですか?
http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j417495498

http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j417495498

 

情報有難うございます!

 投稿者:あなろぐ  投稿日:2017年 1月10日(火)22時24分14秒
  ぴょん太さま、情報有難うございます。

>【1980フレーム番号は追加の研究が必要です。 右から5番目の数字は、生産が日本から米国に移ったときに0から1に変わったようです。 エンジン番号には「ジャンプ」はなく、実際に構築された'80のCBXの総数に近いでしょう。 1980年代は、オハイオ州メリーズビルでのいくつかの米国生産の唯一の(既知の)モデル年です。】

これは初耳でした!
私もF-NoとE-Noの差を不思議に思っていました。
私のF-Noは確かに201****で、米国生産で合致します。

ホンダはイヤーモデルでF-Noを1000***→1100***→1200***に変えますが、
頭から3桁目を変えるのは初耳!勉強になりました。

意外と1980モデルは生産少ないのですね。
 

RE:MADE IN USA

 投稿者:ぴょん太  投稿日:2017年 1月10日(火)21時58分9秒
  あなろぐ様>
千原様>
鳥様>

皆様お詳しいですね~

私自身は見識無いのですが、ICOAの資料からすると
'80の一部のみUSA生産ぽいでした。

'80の約3,150台+1,800台はICOAのENG生産数4,606と近似値なので、ICOAの数値も大きくは外してなさそうに見えます^^

でも、後期のENGとFRAME数の乖離がよくわかりませんね><

 

RE:CBX生産台数

 投稿者:ぴょん太  投稿日:2017年 1月10日(火)21時27分41秒
編集済
  通りすがり様

CBX BOOKを物置から出すのが面倒なので、私の知る限り一番詳細と思われる調査結果を貼ります。

Sources:
Chart 1, Honda CBX Parts List 1984.
Chart 2, ICOA Membership Survey, 1993-94.

調査が古いことと、エンジンとフレームの数にだいぶ差があるので、あまりあてにならない資料かと思いますのであくまでも参考値レベルで鼻で笑いながら読み流していただけばと思います。

http://www.cbxclub.com/xvital.html#vital


ついでに曲がりコンロッド写真も見つけたので貼っておきます。

こちらもAuto Fuel Cockはオーバーフロー対策と、通りすがり様のおっしゃる間違えを書いているようです。

勉強になりますので、正しい情報をご教授いただけますか?

http://www.motorcycleproject.com/text/auto_valves.html

ついでに'80の生産国情報が何かでわかると思ってのですが思い出せずいたのですが
ここにかいてあったとは。。。


** 1980 Frame numbers require additional study. The fifth digit (from the right) apparently changed from 0 to 1 when production moved from Japan to the USA. The engine numbers do not have a 'jump' and are probably closer to the true total number of '80 CBXs built. 1980 is the only (known) model year with some USA production at Marysville, Ohio.

上記の情報からは、USA生産(一部)は’80のみだったように読めますが、真相はわかりません。

久しぶりに色々調べたら面白かったです。
 

CBX生産台数

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 1月10日(火)20時28分20秒
  各年式の生産台数は解りますか。
イアン・フォスター氏著CBX BOOKに記述はありますか。
よろしくお願いします。
 

MADE IN USA

 投稿者:あなろぐ  投稿日:2017年 1月 9日(月)19時45分49秒
編集済
  私のCBXはアメリカ生産なので、当時いわれた逆輸入車ではなく輸入車でした。
日本生産もあったのですね!

アメリカ生産なので、各部の点検とボルトの締め付け確認したのは事実(笑)です。
(四輪車のドアの内張りを外すとガムの食べカスが入っているのは常識と言われていた時代です)

パーツはほとんどが日本製だと思いますが、タイヤ(DUNLOPのF11とK127)には
MADE IN USAと入っていて、アメリカのタイヤだと思った記憶があります。
 

Re: アメリカ製のCBX

 投稿者:  投稿日:2017年 1月 9日(月)01時13分34秒
編集済
  アメリカで生産されたCBX-Aについては、
イギリスのCBXクラブのメンバー イアン・フォスターさんが書いた「CBX BOOK」の中に記述があります。
クラブではこの本を英文から翻訳しましたので、一部をご覧に入れます。参考にどうぞ。

▽115ページ
CBX-AはCBX-Zからのいくつかの改良と、ドイツ市場の規則に対応して
エンジン出力を低下(CBX-Z 105馬力からCBX-A 98馬力へ)させて製作された。

オハイオ州メアリーズビル工場は、アメリカ市場に輸出される大排気量のオートバイに
新たな関税が課せられるのを回避するために設立された。
その結果、“日本製”と“アメリカ製”のCBX-A(SC03)の両方を所有することが可能になった。
アメリカ製のCBXは“アメリカホンダMFG株式会社”が組立て、1980年からアメリカ市場へ供給を開始した。
この工場でのCBX-A組立ては、1979年9月に始まり、3150台が生産されたと記録は示している。
日本でどのくらい組立てられたか明らかではないが、およそ1800台である。
1980年4月、ホンダはディーラーに対して、新たにオープンしたオートバイ組立て施設の見学会を開いた。
 

422  469  MA2

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 1月 9日(月)00時04分41秒
編集済
  どもRCBXです^^

わたしもスッキリしました^^
個人的に初期型は日本製作 後期型はアメリカ製作と思っていました^^
初期型の469からはアメリカ製作と理解させていただきました^^
で・・・アメリカ製作のCBXのパーツは日本からそれとも アメリカから・・・??
また寝れなくなっちゃいました^^


そして思い出しました^^
RC30の開発者(CBX後期型プロリンクの車体設計者)の方の興味深いお話し^^

78.79年型=パーツ中番=422
80  年型=パーツ中番=469
81、82年型=パーツ中番=MA2

CBX後期型(MA2)プロリンク使用車の開発時
隣で同時開発していたのが CB1100R(MA3)
開発陣どうし呼び合っていたのが

CBX1000をMA2(魔の2番)^^
CB1100RをMA3(魔の3番)^^
開発していて一番楽しかったのが CB1100R
開発していて一番大変だったのが CBX1000

いかにもホンダ開発陣の雰囲気^^ 良いですね~~~^^

RCBXでした^^
 

ありがとうございます

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 1月 8日(日)23時26分31秒
  最近たまたまYouTubeで80モデルがアメリカの工場で生産されている映像を見ました。
以前80モデルの部品にMADE IN USAの文字が入った物を見たことがあり不思議に思っていましたがスッキリしました。
 

>アメリカ製のCBX

 投稿者:あなろぐ  投稿日:2017年 1月 8日(日)17時50分7秒
編集済
  私の知っている限りでは、最初のモデルは日本の狭山工場で生産
1980モデルはアメリカのオハイオ工場生産。
それ以降のモデルはよくわかりませんが、フレームNoの頭にJH2が入っていればJAPANのHAMAMATSU生産のようです。
ちなみに私の1980モデルはMADE IN USAとフレームトップのモデルプレート?に打刻されています。
当時、CR250RやGL1100もアメリカで生産していたようです。
 

アメリカ製のCBX

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 1月 7日(土)00時54分33秒
  CBXはアメリカの工場でも生産されたようです。つい最近まで全く知りませんでした。
このことについてご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願いします。
まさか知らなかったの私だけ?
 

有難う御座います

 投稿者:おやじライダー  投稿日:2017年 1月 6日(金)21時53分35秒
  ぴょん太様
早速の書き込みありがとうございます
よろしくお願いいたします。
 

おはようございます┏○ペコッ

 投稿者:広島のおかじ  投稿日:2017年 1月 6日(金)08時24分29秒
  去年の8月に購入して約1300キロ走行で約800CCのオイル減りが判明して現在オーバーホール中です!

修理からいつ戻って来るかは不明ですが!
今年のイベント等で出会えたらよろしくお願いします
 

コンロッドが曲がるのは

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 1月 6日(金)00時02分45秒
  キャブレターのドレンチューブが素直に下へ向かっていないためサイドスタンドで車体が左下がりになるとオーバーフローした燃料がドレンチューブ内で1番キャブに集まるからです。80からドレンチューブが対策されています。定着した間違えを正すのは大変です。  

よろしくお願いします^^

 投稿者:ぴょん太  投稿日:2017年 1月 5日(木)22時05分47秒
  おやじライダー様>

こんばんは、CBX入手おめでとうございます!

私は神奈川県は川崎市と遠方ですが、九州には組長のあだ名の方と、デビルのあだ名の優しい方々がいらっしゃいますので、是非これから親交を深めていただければ^^

私も若輩者です、皆仲良く楽しく、困ったときは情報共有していきましょう☆

 

初めまして

 投稿者:おやじライダー  投稿日:2017年 1月 5日(木)21時21分41秒
  初めまして
この度念願のCBXのオーナーとなりました(SC06北米仕様)
皆様のお仲間に入れて頂いたらと書き込み致しました
九州は福岡県よりの投稿です
CBXに関しては若輩者ですが御指導の程よろしくお願いいたします。
 

疑問点について

 投稿者:ぴょん太  投稿日:2017年 1月 5日(木)20時30分20秒
編集済
  六発大好きさん>

こんにちは。

>>チョーク全引き+(手で押し込み)&スターター
>>        ここの意味が分からないです。

手で押し込み が分かり難い表現だったようですみません。

各車のエンジンやキャブのコンディションにもよりますが
私の場合は、チョークを全閉じにした後手を放すとワイヤーの張力で多少戻る分を
手で押し込んで完全な全閉じに近い状態を狙っています。


Auto Fuel Cockについて

コロ助様の書き込みで、概念図は理解されていると思うのでPL補足参考に書いておきます。

私自身は'80なのですが、「Auto Cockが出先で壊れたら困るな・・・」とAuto Cock殺しをしたのが10年前か、15年前か、20年前位の出来事です。

ちなみにご存知の方が非常に多い話で恐縮ですが、'79で普通の燃料コックでオーバーフロー&1番コンロッドがウォーターハンマーが多発したので’80からAuto Cockが付いたそうです。

綺麗に曲がったコンロッドの写真がどっかにありましたが、面倒なので^^


【Automatic Fuel Cock】
http://www.cmsnl.com/honda-cbx1000-supersport-1980-a-germany_model16595/partslist/E20.html#results


【Fuel Cock】
http://www.cmsnl.com/honda-cbx1000-supersport-1980-a-germany_model16595/partslist/F14.html#results



 

負圧コック

 投稿者:ただ  投稿日:2017年 1月 5日(木)07時23分38秒
  こんにちは。キャブレターの写真を見ました。負圧コックだけが別物であることが分かりました。今までガソリンコックをオンオフその都度しておりましたが、必要なかったのですね。チューブも実機で探してみます。ありがとうございました!  

Re:オートコック

 投稿者:コロ助  投稿日:2017年 1月 4日(水)22時49分42秒
編集済
  たださんも私同様勘違いをされていたようですね♪

6年ほど前にアップされたお友達のブログ記事をご覧ください。

とても判り易く解説されてますよ(*^。^*)

記事が夏に書かれたものなので冬場はもう少し条件が悪くなると思いますが。。。

http://blogs.yahoo.co.jp/akkiyjapan/26250751.html

FatBoyさん、無断転載お許しください<m(__)m>

あっ! わたしもコメントしてた(笑)
 

今日は、冬場の始動について

 投稿者:六発大好き  投稿日:2017年 1月 4日(水)22時28分39秒
  また今年も宜しくお願いします。
早速また分からない事が有ります。
宜しくお願いします。


たださん に コロ助さん ぴょん太さん ドライダー6さんの書き込みをみました。
CBXの始動について自分は、チョーク全開で二回に分けてエンジン始動していたす。
それでだいたい掛かります。
ぴょん太さんの書き込みを参考にやってみようとおもいます。

1つ分からない事が有ります。
アクセル全開・全閉(五回めど)してからセルスターター
を約5秒 三回程度

チョーク全引き+(手で押し込み)&スターター
        ここの意味が分からないです。
ガソリンには、腐蝕防止水抜きケミカルを入れて
タンク内は、満タン

何時もプラグ(新品)
キャブドレンのガソリンは、何時も抜いてます。
もちろんバッテリーは、充電済み
オイルは、一度エンジンかけてから取り換えることにしてます。
 

オートコック

 投稿者:ただ  投稿日:2017年 1月 4日(水)21時51分30秒
  ということは、負圧コックは燃料タンクからのコックではなく、キャブレターについているのですか?  

Re:掛かりましたー(o^^o)

 投稿者:コロ助  投稿日:2017年 1月 4日(水)21時20分15秒
  たださん、エンジン始動おめでとうございます♪

件の負圧コックですが、実は私ずっとタンクに付いている燃料コック(FUEL COCK)の事だと思っていたんです。

そうでは無くてキャブレターにくっ付いている負圧オートコックの事だと知った(教えて貰った)のは、そう遠く無い昔(笑)

たださん、エンジンは快調ですか? 長い事セルを回した分、バンバン走って電気を貯めて下さいね~ヽ(^。^)ノ

コロ助
 

掛かりましたー(o^^o)

 投稿者:ただ  投稿日:2017年 1月 4日(水)20時11分24秒
  皆様、ご教授ありがとうございました。教えて頂いたとおりにやったのですが!見事に掛かりました!
ほんと、憂鬱だった気分が晴れやかに!!
ほんとありがとうございました!
ちなみに、私のコックは普通のに換えてあり負圧では無いのですよ。まぁ、単純構造でいいのかもしれませんね。
 

追伸

 投稿者:ぴょん太  投稿日:2017年 1月 3日(火)22時53分36秒
  書き忘れ

冬場はガソリンの気化がし難いので、環境があればキャブ周辺にドライヤーとかホッカイロ効果的ではないかと思います。

それでも厳しかったら、長期不動車のエンジンスタート用のケミカルをプラグホールから入れるとかですが、多分そこまでてこずらないと思います。


私も3か月エンジンをかけないでいたら、年末はバッテリーが上がり始動できず、充電+アクセル全開全閉5回で本日は無事日が入りました。
 

謹賀新年

 投稿者:ぴょん太  投稿日:2017年 1月 3日(火)22時47分47秒
  明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ただ様>

既に何人か回答をいただいていますが、箇条書きにしてみました。

・燃料コックONかリザーブへ
・キルスイッチONへ
・バッテリー充電済み推奨
・チョークオフ、セルスターター約5秒×3回程度(キャブをガソリンで満たす)
・アクセル全開・全閉×数回(5回めど) (加速ポンプで気化促進)
・チョーク全引き+手で押し込み&スターター回転
の繰り返しで行けるかと思います。

例外的に、タンクかなり空で長期間置いた方が水が溜まってしまい、しばらくキャブに落ちてくるのが水で始動に難儀した方が居ましたが(遠い目)

チョーク引き後にマフラーからガソリン匂いが無かったら、キャブドレンから古いガソリン(水?)捨てて再チャレンジすれば問題ないと思います。


プラグが被る事は少ないと思いますが、心配でしたら途中小一時間休めばプラグも乾いてくるようです。

では、良き新年を^^




 

始動方法

 投稿者:ただ  投稿日:2017年 1月 3日(火)21時54分50秒
  皆様、ご教授ありがとうございます。明日時間が出来ましたので、早速試してみたいと思っておりますす。うまく始動すれば良いのですが…。  

謹賀新年

 投稿者:ドライダー6  投稿日:2017年 1月 3日(火)20時10分49秒
  明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

たださんへ
ワタシも後期白で負圧コック付きです。
Riderさんやコロ助さんが書いている通り
ワタシも1年中ダイヤフラムへ園芸用注射器で空気をフーフーしています。
だいたい10秒強でキャブ内の蒸発したガソリン分が補充されます。
燃料フィルター内のガソリンの動きで判断してます。

フーフー後、冬場であればアクセル開閉12回、約1分位放置してガソリン気化後
もう一度アクセル開閉12回してチョーク引きセル回すとすぐボッっと来ます。
そのままにするとストールしますので、加速ポンプを利用します。
具体的にはアクセルをキュッキュッと瞬間開けを繰り返しストールを防止します。
加速ポンプを使用しなくてもストールしなくなったらチョークの閉め加減で回転数を調整しながら暖気です。

ちなみにダイヤフラムのゴムは非常に薄い膜ですので
フーフー方式を試される際には強く吹き込まないよう気を配ったほうがヨロシイかと思います。
 

明けましておめでとうございます♪

 投稿者:コロ助  投稿日:2017年 1月 3日(火)19時40分19秒
  皆さま、本年もどうぞ宜しくお願いいたします(*^。^*)

私も寒い時期の始動で、たださんと同じ症状で困っています。(SC03)

原因は、Rider T さんが説明されている負圧コックで間違い無いと思います。

セルモーター故障で2年以上ガソリンを入れたまま放置していたSC06が
モーター交換で難なく始動したらしいので、ガソリンの劣化という原因は考えにくいと思います。
(そのかわり走行時ブローバイからのガスの臭いは強烈でした)

私も注射器か、お口?などを使ってSC03,SC06の始動性を上げたいと思ってます♪

詳しいお話は、メンテナンス掲示板の方で聞けるかもしれませんよ~!

って、Rider T さんの説明で充分詳しいのですが(笑)
 

新年

 投稿者:並六  投稿日:2017年 1月 3日(火)08時59分12秒
  明けましておめでとうございます。
近県でのミーティングの時はお邪魔しますのでよろしくお願いします。
 

着火しない時は

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 1月 3日(火)04時26分19秒
  機関に異常がないのであれば、キャブレターのドレンからガソリンを抜いて新鮮なガソリンを入れてから始動させてみてください。  

寒い時の始動

 投稿者:Rider T  投稿日:2017年 1月 2日(月)23時39分31秒
編集済
  あけましておめでとうございます。

たださんへ
プラグがかぶっている可能性も無くはありませんが、6気筒もあるので全部一度にかぶる事はまずありませんので、全く火が入らない事はありません。

数日放置した時、特に寒い時にエンジンが始動し難いのは、キャブの中のガソリンが蒸発して減り、かつ劣化しているからです。

まずは新しいガソリンをキャブに流す必要がありますが、負圧式のオートコックが付いている為、通常の始動方法ではセルを回している間しか、ガソリンが流れません。
何度もセルを回さないと、ガソリンが十分にキャブに流れ込まない為、始動に手間取ります。

負圧式のオートコックはキャブの上の部分に付いていますが、キャブに繋がっている細いホースの他に、もう一本細いホースが付いていて、先端は解放されているはずです。
そのホースに注射器などで空気を数㏄押し込むと、コックが開きますので、押し込んだまま20秒ほど待ち、その後スロットルを5~10回、時にはもっとですが、全開まで開け閉めしてください。
キャブには加速ポンプという、強制的にガソリンをエンジンに噴く機構があり、それを使ってガソリンをエンジンに入れてやる為です。
後は、チョークを引いてセルを回す、スロットルを数回開け閉めする、セルを回す、を何度かくり返せば通常は始動できます。

ただし、かぶらせてしまって5気筒で回る事もあるので、その時はチョークを戻し、スロットルを少し開けて掃気してやる必要が生じます。
それでもかぶったままになる場合は、10分位放置して再度始動してみてください。
熱でプラグが乾いて普通に回る場合もあります。
ダメな場合は、エキパイの温度を火傷に気を付けて比べてみると、かぶっている気筒のエキパイの温度が低いので、その気筒のプラグを外して乾かすか、交換してやれば、今度こそ始動するはずです。

以上、お試しください。
 

謹賀新年

 投稿者:RCBX(ちはら)  投稿日:2017年 1月 2日(月)23時21分17秒
  CBX仲間のみなさま^^

明けましておめでとうございます。

今年も安全第一で^^ 大人のバイク道楽を楽しみましょうね^^

RCBXでした^^
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ただ  投稿日:2017年 1月 2日(月)17時59分21秒
  早速ですが、質問と、ご教授お願いします。
昨年の12月頭からエンジン始動に手こずり、点火しない状態が続いております。セルをかなり、回していますので、プラグがかぶっているかもしれませんが、まだ外しての確認をしておりません。
このバイクはプラグがかぶりやすいのでしょうか?キャブレターは、オーバーホールされていて、12月までの走りには不調はありませんでしたが、いわゆるセルをチュッ、ボーーーーってな感じで始動することは、暖まっている時以外はありませんでした。
始動に、コツなどご教授頂けたらと思います。
後期白色です。
 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:案西  投稿日:2017年 1月 1日(日)01時38分14秒
  今年も宜しくお願いいたします。  

あけまして

 投稿者:島 ばなな  投稿日:2017年 1月 1日(日)00時00分25秒
  おめでとうございます

   CBX 彡☆彡 ^^^^^^^^

        琉球支部 1002
 

レンタル掲示板
/36