teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


エルヴィス本

 投稿者:TNelvis  投稿日:2017年 6月19日(月)09時32分18秒
返信・引用
  ハル&ジュリー・ランスキーが子供向けの本を出版しました。
“Come On In, Young Man”です。
添付写真で一目瞭然のように、Young Manはエルヴィスです。

子供たちに、エルヴィスが自分の夢をかなえたように、夢を諦めなければ
夢はかなうと伝えると共に、
子供たちがエルヴィスのレガシーをいつまでも引き継いでいくようにと願って
書かれたものということです。

 
 

こんばんは!

 投稿者:Satsuki  投稿日:2017年 6月17日(土)21時10分0秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんは!

毎日気温の差があって、体がついていけない感じですね。
お体に気をつけてお過ごしください。

只今、8月5日の没後40周年記念ライヴのフライヤーを設置してくださるお店や、
配ってくださる方たちにフライヤーをお渡ししているところです。
みなさんのご協力に感謝します!

詳しくは、ブログをご覧ください。

https://tigerman68.amebaownd.com/posts/2506493

The Official Elvis Presley Fan Club Of Japan で、特別増刊号が発行されますが、
そのお知らせと一緒にフライヤーも会員のみなさんに送って頂けることになりました。
こちらをご覧の会員のみなさん、よろしくお願いします。

この特別増刊号は、今年オープンしたElvis Presley's Memphisについて特記したも
のだそうです。楽しみですね。

Facebookに詳細が出ています。

https://www.facebook.com/FOREVER-ELVIS-on-FB-1587054241574211/

それから、銀座タクトにもフライヤーを設置して頂きました。
その際、エルヴィス・ソサエティの田口さんから、新しく銀座に出来たGINZA SIXの
蔦屋(本屋さん)に、ワートハイマーの写真集の大きいサイズのものが置いてあると
教えて頂きました。情報ありがとうございました!

この写真集は、厳重に箱の中に入っていて、スタッフに声をかけないと見ることが
出来ません。私が行った時は、手が空いているスタッフさんが見つからず、時間も
あまりなかった為、断念して帰ってきました。

見るなら、ゆっくり時間をかけて全部見たいので、また、時間がある時に行ってき
たいと思います。

このコーナーは、大きな写真集がたくさん置いてあります。その中の一つがエルヴィス
です。

画像の中の、左下の方に映っている箱の中に写真集が入っています。

銀座の話題のスポットにエルヴィスが登場していることが嬉しいですね!

https://ginza6.tokyo/shops

 

お知らせ♪

 投稿者:Satsuki  投稿日:2017年 5月27日(土)18時42分13秒
返信・引用 編集済
  こんばんは。

管理人より、2つお知らせがあります。
まず、ひとつ目は、TIGER MANのURL変更のお知らせです。

先日、トップページにトラブルがあることに気が付きまして、リニューアル
しました。まだ、これから手直しが必要なところもありますが、よろしくお
願いします。

http://tigerman68.web.fc2.com/index.html

それから、8月5日(土)に開催する「From JAPAN to MEMPHIS 2017」の
スペシャル・サイトを開設しましたので、こちらも、チェックして頂ける
と嬉しいです。

https://tigerman68.amebaownd.com/


只今、ご予約受付中です!!ご連絡お待ちしております。

elliepresley68@hotmail.com

下記の画像は、フライヤーです。ライヴの出演者の方がデザインしてください
まして、素敵に仕上がりました!たくさんの方が手に取ってくださることを
願っています。これから、フライヤーの設置にご協力くださるお店などに、
お配りしますので、こちらをご覧のみなさんも、設置して頂ける場所などあり
ましたら、ご一報ください。よろしくお願いします。
 

こんばんは♪

 投稿者:Satsuki  投稿日:2017年 5月22日(月)22時37分59秒
返信・引用
  TNelvisさん

フィリピンの映画の情報ありがとうございました。
アジアでも英語を話せる国には、エルヴィスに対する受け入れ方が違うので
しょうね。主演の男優さん、なかなかのイケメンくんで、ちょっとエルヴィ
スっぽい雰囲気ありますね。

日本公開は難しそうな気もしますが、見てみたいですね~。

そして、カンヌ映画祭の情報ありがとうございます。エルヴィス絡みの映画
のお話が続きますね!

日本でも、こういう動きがあれば良いのに。

情報ありがとうございました!


タマさん

映画祭にはいらっしゃれなかったのですね。私も残念ながら行かれませんで
した。次回は、いらっしゃれることを祈っております!!

パンフレット楽しみですね。持つべきものはエル友ですね♪


Kimuraさん

事故に巻き込まれて入院なさっていたのですか?大変でしたね。
映画祭にはいらっしゃれて良かったですね!

>ステージ上でエルヴィスをうっとりさせた歌が今でも聴ける

興味深いですね。詳しく知りたいです。

8月には、メンフィスにいらっしゃるのですか。
今年は没後40年で、グレイスランド周辺も大きく変わって、盛り上がるこ
とでしょうね。ご報告お待ちしております。
 

映画祭

 投稿者:kimura  投稿日:2017年 5月22日(月)17時05分42秒
返信・引用
  以前投稿しましたkimuraです。情報ありがとうございました。3月に事故に巻き込まれて入院とリハビリでパソコンとは無縁の生活を強いられてました。

社会復帰の最初にエルヴィス映画祭に行ってきました。何度かお邪魔していますが今回が一番楽しかったです。
映画館に到着してすぐにパンフレットを買ったので上映前にじっくり読み込めました。スピードウェーの時には売り切れだったのでリベンジでした。
見どころとして挙げられたエルヴィスがステージ上で癒されるシーン、良かったです。
ステージ上でエルヴィスをうっとりさせた歌が今でも聴けると書いてあったのには驚きです。
8月のメンフィスで聴いて自分も癒されたいです。いけるかな
 

オンツアー

 投稿者:タマ  投稿日:2017年 5月19日(金)17時35分26秒
返信・引用
  映画祭を楽しみにしていましたが今回も参加見送りです。残念ですが、毎度エル友が手配してくれるパンフは買っています。日曜日は読みながらdvdを見ることにします。映画祭のロビーの雰囲気が好きなので次回こそはと思ってます。  

カンヌにエルヴィス

 投稿者:TNelvis  投稿日:2017年 5月15日(月)10時15分45秒
返信・引用
  カンヌ映画祭でユージーン・ジャレキ監督の新作「Promised Land」がワールド・プレミアで、5月20日に特別上映されます。
エルヴィスのロールスロイス・ファントムⅤが一足早く現地入りして、前宣伝をしております。
映画は、エルヴィスの1963年型ロールスロイスに、有名・無名の様々な人に乗客になってもらい、
2016年の大統領選挙選の最中、アメリカを旅していくというストーリの模様です。
エルヴィスの曲が流れるかどうかはわかりません。


 

エルヴィスがフィリピン映画に

 投稿者:TNelvis  投稿日:2017年 5月 7日(日)16時30分50秒
返信・引用
  2017年4月15日 フィリピン公開
「Can’t Help Falling In Love」
主演のDaniel Padillaが主題歌を歌ってます。

「好きにならずにいられない」という映画が最近ありましたが、
エルヴィスとは関係なく、がっかりしました。

今度は完璧ですよ。
問題は日本公開はあるのかどうかです。

https://youtu.be/C8cpR3RqPyc

 

いろいろ♪

 投稿者:Satsuki  投稿日:2017年 5月 7日(日)14時42分57秒
返信・引用
  GWも最終日ですね。エルヴィス関連のイベントなどはあったのでしょうか?

5月21日には恒例の映画祭がありますね。
こちらをご覧のみなさんを始め多くのエルヴィス・ファンが集まるのでしょ
うね。大きなイベントがあることは、世間にエルヴィスをアピールする機会
になりますから、良いですね!

さて、昨日、書き忘れましたが、アウディのコマーシャルにエルヴィスがち
らっと映る(ハワイ公演の映像)とのことですが、もう、ご覧になった方も
おられるみたいですね。感想などお待ちしております。


TNelvisさん

>邦題「約束の地、メンフィス~テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー~」

この映画、あちこちで宣伝始めてますね。
タイトルで気になっていました。

エルヴィスがどれだけ内容に絡んでくるでしょうね~?

情報ありがとうございました!
 

「約束の地、メンフィス」

 投稿者:TNelvis  投稿日:2017年 5月 7日(日)09時31分56秒
返信・引用
  「Take Me To The River」、邦題「約束の地、メンフィス~テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー~」
メンフィス・ソウルに焦点をあてた音楽ドキュメンタリー映画。
6月17日(土)より、新宿K’s cinemaにてロードショー、全国順次公開。

テネシー州メンフィス。ここでは多種多様な音楽が生まれ融合し、また、数々の“生ける伝説”と呼ばれる世界的ミュージシャンたちを輩出してきた。
メンフィスの生ける伝説を集め、この地の伝統を後世に残す――
巨匠たちが次世代を担う若者らに音楽を継承する貴重なセッションの数々。

メンフィス・ソウルですが、エルヴィスはどう絡むか!?

https://youtu.be/IW8GyoVDriw

 

レンタル掲示板
/151