teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL


葉桜連歌会

 投稿者:        投稿日:2017年 4月25日(火)08時55分45秒
編集済
 



発句  國を護(も)り真幸(まさき)く茂る榊かな   照彦  夏 植物 神祇

脇句  枝を飛び交ひ鳴くほととぎす          恭子  夏 植物 動物

第三  入り江にも川の小舟の下りきて         康利  雑 水辺

四   のぞみし岳(やま)は雲かかりたり       房子  雑 聳物 山類

四    東風にゆだねし帆舟ゆくらか          ゆり江  春 水辺

五    網打たば静寂を破り真砂降る          攝子  雑

六   朝日をいだき山すがすがし           哲司  雑 光物 朝 山類

七   夜を込めて都守(も)りたる月いづこ       宜博  秋 光物

八   竹伐る音の四方にひろごる           恭子  秋 竹



初折裏

一   稲穂ゆる里のながめはこがね色         信子  秋 草 居所

二   空高くしてかりがねや舞ひ                    律雄  秋 鳥

三   み仏を崖道(ほきぢ)に求む旅ならん       純一  雑 旅 釈教

四   あかぬ別れに袖ぬらしつつ           正一  雑 衣類 恋

五   貝合はせ君ふたたびと占なひぬ         恭子  雑 人倫 恋

六   移ろふ世にそ淵も瀬もあれ             智    雑 水辺 述懐

七   大枯野稀有にして降る八重の雨            ゆり江 冬 降物

八   凍てし雲居に月は薄らぐ              攝子  冬 光物 夜 聳物

九   兎撫づわかごの声は弾けをり             知子  冬 獣 人倫

十    山かひの道荷馬車すぎゆき              信子  雑 山類

十一  鄙辺へとはやる心の急ぎ足             哲司  雑

十二  早蕨出づる風光るころ                房子  春 草

十三  この花はあはれまされりこぞよりも          律雄  春 木

十四  なゐ震る跡に田を打ちかへす             宜博  春



二折表

一   夏近しうたふ乙女はたすきがけ            信子  春 人倫

二   裏の春蝉ひえびえと鳴く               純一  春 虫

三   ひるつかた村の社に手をあはせ            房子  雑 神祇

四   影だにをかし富士の吊橋               ゆり江 雑 山類 水辺 名所

五    やうやくに菅の小笠を脱ぎたれば           純一  雑 旅

六    はるか彼方の虹あざやけり              哲司  夏 聳物

七   夕立てば幼きころの父(かぞ)思ふ           正一  夏  夕 降物 人倫 述懐

八   上げた眦(まなじり)何を見てけむ           律雄  雑

九   手習ひの端唄の粋ぞままならぬ            智    雑

十   女形(おやま)もすなる三味の細棹           宜博  雑 人倫

十一  縮緬の衣愛しくかきなづる              知子   雑 衣類

十二  竜田姫住む美(うま)し西山              攝子  秋 山類

十三  月照らす白銀(しろがね)の庭あやしけれ        恭子  秋 光物 夜 居所

十四  笙の音聞くも長き夜飽かず              房子  秋 夜




二折裏


一   旅すがら残んの城に世を偲び              哲司  雑 旅 述懐

二    雲より降るる白鳥ぞかし                知子  雑 聳物 鳥

三   をみなごの裾さばきさへしどけなく          律雄  雑 人倫 衣類

四   浜にあそべば波も清けし                正一  夏 水辺

五   伊予灘のゆやけを暫しながめいり           純一  夏 夕 水辺 名所

六   つらなる島に思ひとげなむ               信子  雑 山類 水辺 恋

七   まだ訪へぬ雪に埋もれし妹許(いもがり)ぞ       宜博  冬 降物 人倫 居所 恋

八   恋を生きよと榾燃えまさる               智    冬 恋

九   昇りゆくかの玉の緒は清らなり             攝子  雑

十   うばと童は野道をあゆむ                信子  雑 人倫

十一  暮れなずむ古き駅舎(うまや)にけぶりあと        ゆり江 春 夕 聳物

十二  山懐の鐘かすみゆく                 恭子  春 聳物 山類 釈教

十三  京(みやこ)去り名に聞く寺の花見むと         哲司  春 木 旅 釈教

十四  名残の月に戻るかりがね               純一  春 光物 朝



三折表

一   細かりき衣干す手に匂ひたつ             知子  雑 衣類

二   頼むる風よ心して吹け                智    雑

三   しがらみに淀みし水ぞ塞きとどむ           恭子  雑 水辺

四   きらきら跳ぬる鮭のうろくづ(鱗)           ゆり江 秋 水辺 魚

五   谷間は紅葉の色に染まりつつ             宜博  秋 山類 木

六   露を踏みゆく聖あてやか                正一   秋 降物 人倫 釈教

七   満行の末は土足の内裏入り               律雄  雑 釈教

八   飾らざる日の穏やかに過ぐ              知子  雑

九   古びたる柱の疵もいとほしく             智    雑 居所 述懐

十   炭櫃に集ふ女はらから                 哲司  冬 人倫

十一  言ひつのる新の唐衣ものさだめ         攝子  雑 衣類

十二  筒に活けたるあやめ鮮やか           純一  夏 草

十三  代掻きを終へてみあぐる白き月         信子  夏 光物 (昼~夕)

十四  宴よすがらみな酔ひしれる           恭子  雑 夜 人倫



三折裏

一   待ち渡りいよよ成り合ふ神の宮         正一  雑 神祇

二   さらに和魂(にぎたま)甦りませ         宜博  雑 神祇

三   恋ふらくは少女(をとめ)にみゆる母ありて    ゆり江 雑 人倫 恋

四   人妻ゆゑに我を惑わす             律雄  雑 人倫 恋




後れ毛を白き指にてかき上げる

汗ひかる白きうなじの艶やかさ

後れ毛の白きうなじの艶やかさ


五 攝子
六 智
七 信子
八 知子



 
 
 

百韻連歌

 投稿者:        投稿日:2017年 3月 8日(水)03時27分44秒
編集済
 



      平成二十九年二月二十七日

          風塵庵百韻

         賦何馬連歌

初折表

発句   白梅のみそかに薫る苫屋かな     智   春 木 居所

脇句   雲なき空に来鳴くうぐひす      知子  春 聳物 鳥

第三   さざれ波霞うち消しかかやきて    正一  春 聳物 水辺

四    東風にゆだねし帆舟ゆくらか      ゆり江 春 水辺

五     網打たば静寂を破り真砂降る      攝子  雑

六     朝日をいだき山すがすがし       哲司  雑 光物 朝 山類

七     夜を込めて都守(も)りたる月いづこ  宜博  秋 光物

八     竹伐る音の四方にひろごる      恭子  秋 竹



初折裏

一     稲穂ゆる里のながめはこがね色    信子  秋 草 居所

二     空高くしてかりがねや舞ひ      律雄  秋 鳥

三     み仏を崖道(ほきぢ)に求む旅ならん  純一  雑 旅 釈教

四     あかぬ別れに袖ぬらしつつ      正一  雑 衣類 恋

五     貝合はせ君ふたたびと占なひぬ    恭子  雑 人倫 恋

六     移ろふ世にそ淵も瀬もあれ      智   雑 水辺 述懐

七     大枯野稀有にして降る八重の雨    ゆり江 冬 降物




     凍てし空にぞ 薄らひの月




八 攝子
九 知子
十 信子
十一 哲司
十二 房子







五  攝子
六  哲司
七  宜博
八  恭子





 

 百韻連歌

 投稿者:        投稿日:2016年 5月21日(土)06時21分52秒
編集済
 




         平成二十八年五月五日 発句

              風塵庵文韻

              賦二字反音


初折表

一   いしづちの裾にひろごる若葉かな        律夫  夏 山類 木 名所

二   虹かけ渡す沖つ島々              哲司  夏 聳物 水辺 山類

三   青鷺は立ちて彼方を目指すらん         房子  夏 鳥

四   やうやう里に常の見えけり           ゆり江 雑 居所

五   季(とき)めぐり降ります雨は地をうちぬ     恭子  雑 降物

六   明くれば上る霧のをちこち           宜博  秋 聳物

七   森深く月の光のひそやかに            知子  秋 光物 夜 植物(高い木)

八   やや寒の道風の音(ね)そなき          智    秋



初折裏

一   古池にちさき水の輪ひろごりて          正一  雑 水辺

二   旅の一座に犬もくははり            信子  雑 獣   旅

三   街道の祭りそよめく風車            攝子  夏

四   産土神もしばし休らふ             純一  雑 神祇

五   万葉のいにしへ人に思ひ寄す          智    雑 人倫 述懐

六   書をひもときて今宵うち過ぎ          房子  雑 夜

七   降る雪に野狩り山狩りままならず        宜博  冬 降物 山類

八   鷹はますぐに主のもとへ            恭子  冬 鳥   人倫

九   晴れの日に匠の衣よそほしく          哲司  雑 人倫 衣類

十   みのひとつだに惜しむものかは         律雄  雑 衣類

十一   旅の寝の雨を凌ぎし地蔵さま          ゆり江  雑  降物  旅 釈教

十二   心安しや稚児に微笑む             攝子  雑 人倫

十三  咲きみつる天地おほふ花の霊          信子  春 木

十四  波に揺るぐは朧なる月             知子  春 光物 夜 聳物 水辺


二折表

一   凍て解けの堤ましぐら色街へ          純一  春 恋

二   三味の音に舞ふ蝶はいづこや          正一  春 虫 恋

三   世のあはれ薄墨の袈裟風の中          恭子  雑 衣類 述懐 釈教

四   荒れ野をめぐる夢は終はりぬ          房子  雑 述懐(無常)

五   明日香とふ里ぶる杜を請ひ訪へば        智    雑 名所

六   美山さ渡る飛ぶ鳥の見ゆ            純一  雑 山類 鳥

七   ひと坂も越すに越されず汗しとど        宜博  夏 山類

八   出水の滾ち聞くはそら耳            律雄  夏 水辺

九   雨あがり磯の香りにとらはるる         信子  雑 降物 水辺

十   吹き来る風に庭も騒がし            哲司  雑 居所

十一  旅立ちを触(ふ)れし主の後を追ふ        知子  雑 人倫 旅

十二  紅葉に色ふ森のもてなし            ゆり江 秋 木

十三  しじま破(や)る夕月出でて染めわたり      正一  秋 光物

十四  美し初瀬に鹿ぞ鳴くなる            攝子  秋 獣 名所



二折裏

一   何処(いづへ)より機織る音の休         哲司  雑

二   朝におきな畑たがやす             恭子  春 朝 山類 人倫

三   末黒野(すぐろの)の熾火(おきび)かすかに残りけり 律雄 春

四   舟の行く手をはばむ葦牙(あしかび)       智    春 水辺 草

五   なれ睦つぶ水尾(みを)重なりて鳰の春      攝子   春 水辺 鳥 恋

六   いつか憂き世にかづく恋かも          正一   雑 恋 述懐

七   宵宮に里で待つ人いとほしく          房子   夏 夜 人倫 居所 恋 神祇

八   羅たたむ匂ひ幽けし              知子   夏 衣類

九   見上ぐれば流るる雲もゆるらかに        ゆり江  雑 聳物

十   冬に田の面は標(しめ)を解くなり        宜博  冬

十一  細雪いまだ麓に積もらざる           純一  冬 降物 山類

十二  冴ゆる夕月影はやさしき            信子  冬 夕 光物

十三  ほつほつと花の蕾は色をまし          恭子  春 木

十四  童の声に笑まふ佐保姫             智    春 人倫





三折表


一   雛まつり琴の調べもうるはしく         哲司  春

二   国の後の世さきくあれかし           攝子  雑

三   諍ひの絶へることなきあらをどち        律雄  雑 人倫

四   猫をめでつつ身褒めがつきぬ          知子  雑 獣

五   遠目にも明か明か見ゆる大文字         房子  秋 述懐

六   稲穂いつしか黄金に染まる           信子  秋 草

七   白露のしづく落つるをかがなべて        正一  秋 降物

八   夢かなへんと秋津高みへ            ゆり江 秋 虫

九   うす紅の恋のけぶりは匂ひたち         純一  雑 聳物 恋

十   君ましませと海女の塩焼く           宜博  雑 水辺 人倫 恋

十一  胸元に水茎の跡秘めもてり           智    雑 恋

十二  涼風ほほを優しく撫づる            恭子  夏

十三  夏富士の有明の月あはれなり          ゆり江 夏 光物 朝 山類 名所

十四  さらでも映ゆる神奈備の森           律雄  雑




三折裏

一   代々を経しうづのひもろぎ黙(もだ)ふかく    宜博  雑 述懐 神祇

二   いちゑん覆ふみ雪ふりつむ           正一  冬 降物

三   里に馴れ連れ立ち跳ぬるうさぎ見し       知子  冬 獣 居所

四   ゆくへ定めぬ旅は楽しや            哲司  雑 旅

五   清らかに青空と海相和して           攝子  雑 水辺

六   拾ひし貝を誰に捧げむ             房子  雑 水辺 虫 恋

七   言ひたしや問ふてみたりのあの思ひ       信子  雑 恋

八   萩のたよりを文に添へたる           純一  秋 草 恋

九   冷まじき一人寝る夜の葉擦れきく        知子  秋 夜 人倫 草 恋

九   冷まじき一人寝る夜の葉擦れきく        知子  秋 夜 人倫 草 恋

十   月の光は廂濡らしぬ              攝子  秋 光物 夜 居所

十一  風しづむただ鐘の音ひびきをり         恭子  雑 釈教

十二  かすむ伽藍につづく階             正一  春 釈教

十三  歌詠まむさはこそ花の命なれ          智    春 木 述懐

十四  をりふしにほふ深山うららか          ゆり江 春 山類




名残折表

一   峠より眺むる湖の果て知れず          哲司  雑 山類 水辺

二   三つの宝はいづこなるらん           宜博  雑

三   幾千年姿かくしてほほゑめり          信子  雑

四   豊かな稔り祝ふ村人              房子  秋 人倫

五   月宿す神饌(みけ)輿に載せ御旅所へ       純一  秋 光物 夜 神祇

六   燈籠ゆれて道しめしたる            恭子  秋 夜

七   檜皮葺黄金に染めて大銀杏           攝子  秋 木

八   生きたる証現し世に継ぐ            智    雑 述懐

九   時雨るるか戦さ疫病(えやみ)に地震(なゐ)のあと    宜博  冬 降物

十   群れなす鶴に何を祈らむ            哲司  冬 鳥

十一  晴れらかに若人の笑み満ち満ちて        ゆり江 雑 人倫

十二  夏の彩雲坂の上(え)にあり           純一  夏 聳物 山類

十三  良きことか悪しきことかと天に問ひ       正一  雑

十四  人の心はあざなえる縄             知子  雑



名残折裏

一   あでやかにたてよこの織りあやをなす      信子  雑

二   音聞きの浜夕影に栄ゆ             智    雑 光物 夕 水辺

三   風の舞ふ浦の潮騒ほのかなり          哲司  雑 水辺 居所

四   軒の垂氷もいつか消えはつ           正一  冬 水辺 居所

五   はるかなる高嶺もけふは際だちて        宜博  雑 山類

六   茜に染まる霞棚引く              攝子  春 聳物

七   花の雨香りもふかく滴れり           ゆり江 春 降物 木

八   光りゆらめくのどかなる斎庭          恭子  春 光物 神祇





      平成二十九年一月十四日 満尾

句上  面出律雄 六  梶野哲司 九  安藤房子 七  守谷ゆり江 九

        梶野恭子 九    有川宜博 九  梶野知子 八  宮下智  九

        十鳥正一 九  倉田信子 八   古原攝子 九  宮武純一 八







松山連歌から転載しています。

http://blogs.yahoo.co.jp/jmym0323/folder/1252333.html






 

百韻連歌

 投稿者:     投稿日:2015年10月 2日(金)16時23分9秒
編集済
 




               平成二十七年十月一日発句
                  風塵庵文韻
                 三字中略百韻連歌




初折表

一  神天降(あも)るみ風露けき八洲かな     智   秋 降物 名所 神祇

二  矛を払へど座(いま)す浮霧         純一  秋 聳物 水辺

三  雲の上の月は梓の弓張りて         宜博  秋 光物 夜 聳物

四  ほのかに色ふ深山うるはし         ゆり江 雑 山類

五  田も畑も囀りみつる雨あがり        恭子  春 降物 山類

六  つばらに飛びて鳥は帰りぬ         律雄  春 鳥

七  のどやかな眺め若草青みまし        房子  春 草

八  磯のしきなみ常しなへなり         知子  雑 水辺



初折裏

一  をちこちの小舟あざやぐ良き日和      正一  雑 水辺

二  御館(みたち)を守る清しき森よ      攝子  雑 居所

三   武士の声高らかにこたまして        信子  雑 人倫

四  雪の化粧(けはひ)に映ゆる峰々      哲司  冬 降物 山類

五  凩を連れ来て髪の濡れるまま        知子  冬

六  凍て蝶の身の思ひ届かず          房子  冬 人倫 恋

七  あなかまし終りしことを蒸し返す      律雄    雑  恋

八  ただひたすらに唱ふ念仏          正一   雑  述懐(にしました)

九  涼しくも袂を揺する朝戸風         ゆり江 夏  朝 居所 衣類

十    みぢか夜の月白み残れり          智   夏  光物 朝

十二  よしや田舎も住まば都ぞ           宜博   雑  居所

十三  花もなき宿の甍をあらたむる         純一   春  木  居所

十四  霞消えさり光まばゆし            恭子   春  光物 聳物


二折表

一   うぐひすの初音待たるる草枕         哲司   春  夜 鳥 旅

二   岩場の水にのどをうるほす          信子   雑  水辺

三   仰ぎ見る空に心をうつしつつ         知子   雑

四   時をかさぬる人のありしや          律雄   雑  人倫

五   はかなかり栄へし門も忘らるる        智    雑

六   形見の衣は色も褪せぬに           房子   雑  衣類

七   雪荒れに三保の松が枝けぶりたり       純一   冬  降物 聳物 木 名所

八   船より眺む春近き不二            哲司   冬 水辺 山類 名所

九   ふたりゐて果ててひと夢めぐり旅       ゆり江 雑 (夜)人倫 旅 恋

十   新床(にひとこ)に聞く口はかりそめ     宜博  雑  夜 恋

十一 黒髪にあやまかな気のあゆくなり       攝子  雑 恋

十二 いづこともなく鹿の鳴くかは         正一  秋 獣

十三 風さわぐすすきが原に昼の月         恭子  秋 光物 草

十四 零余子(むかご)をつみて童かへりく      信子  秋 草 人倫



二折裏

一  病得て虫の導き杖がはり           律雄  雑

ニ  へりくだりつつ穏やかに笑む         知子  雑

三  世の中は然して然り自づから         宜博  雑 述懐

四  滝は沢へてせせらぎとなる          智    夏 山類 水辺

五  うるはしき虹の下へと歩みたし        哲司  夏 聳物

六  都へわたす夢の架け橋            攝子  雑

七  羽ばたきて田鶴はかなたの葦辺さす      房子  冬 鳥 草

八  まどろみの背にゆるき北風          ゆり江 冬

九  軒端かり旅の中空うちやすみ         正一  雑 居所 旅

十  朧月おふ影のいくつか            知子  春 光物 夜

十一 末黒野(すぐろの)のかすかに匂ふ夕つ方    信子  春 夕

十二 神の宿りしものの芽いづる          純一  春 植物 神祇

十三 この谷に花の辨(よ)あまた散り敷きて     房子  春 山類 木

十四 あすへとつつく箱根の絆           恭子  雑 山類 名所



三折表

一  下町の匠がおもひ宙(ちう)を開く       智    雑 人倫

二  いにしへ人のこころ忘るな          律雄  雑 人倫 述懐

三  埋(うづ)みたる十の戒め求(と)めゆかん    宜博  雑  釈教

四  かざし買うとて責むるべからず        正一  雑

五  秋の海袖をぬらすもいはれあり        信子  秋 水辺 衣類

六  赤蜻蛉(あきつあかね)は止まることなし    攝子  秋 虫

七  野分かや庭の草木はうち靡き         哲司  秋 植物 居所

八  しのぶ足音そは待ち人ぞ           恭子  雑 人倫 恋

九  かりそめのやつれし恋と知りつつも      純一  雑 恋

十  くゆる焔を深雪しづめむ           ゆり江  冬  降物 恋

十一 拝むべし遠き凍雲みごとなり          知子    冬  聳物

十二 手にする筆は旅のなぐさみ          哲司    雑  旅

十三 あいの風田ごとの月に立ちあかし      正一  夏 光物 夜

十四 天地(あまつち)開闢(ひら)く時は至れり   宜博  雑



三折裏

一   外つ国の詩歌の道を学び初め        恭子  雑

二   たちまち老いて髪も白けぬ         純一  雑 述懐

三   蛍雪を頼みし若きころありて        攝子  雑 述懐

四   今年酒酌み侘び寂に酔ふ          智    秋

五   去年ならむ紅葉とまがふ頬を見し      律雄  秋 木

六   岸の野菊を手折る幼子           信子  秋 水辺 草 人倫

七   石亀の恋の占いそはいかに         ゆり江 雑 虫 恋

八   小窓は雨にうちしぐれつつ         純一  雑 降物 居所

九   遠き日のかたらひ今も事ならず       正一  雑 恋 述懐

十   紙子を纏ひ雅ぶてにをは          智    冬 衣類

十一  こぎん刺しぼろの麻衣よみがへる      信子  雑 衣類

十二  東風吹かばなほ月すがすがし        恭子  春 光物 夜

十三  あかなくに花のしづ散る夕まぐれ      宜博  春 夕 木

十四  遊行の末はうららに詠(なが)む       律雄  春 釈教



名残表

一   八色鳥伊勢の森にぞ棲まうなり       攝子  雑 鳥 名所 神祇

二    夫婦岩には虹の架け橋           ゆり江 夏 聳物

三    絵を描きてたづきとなすも十年(ととせ)過ぐ 智   雑 述懐

四    いまだ侘ぶるは世に覚えなく        正一  雑 述懐

五    病みてこそ消(け)やすき身とぞ知りにしを  純一  雑 人倫

六    朝の光に露おく稲葉             信子  秋 光物 朝 降物 草

七    やうやうに棚田の水を落としけり      宜博  秋 水辺

八    鹿も跳ぬるか笛や太鼓に          哲司    秋  獣

九    踊り子は涙かくして舞ひあはれ       恭子  雑 人倫

十   指(および)の先はいづれを指さむ      律雄  雑

十一  見せばやな美(くは)しけはひの峠あり    ゆり江 雑 山類

十二 樗(あふち)の大樹雪を纏ひて        攝子  冬 降物 木

十三 凍てぬればかそけき香すら漂はず      律雄  冬

十四 手を合わせ聞く響(とよ)む鐘の音      恭子  雑 釈教



名残折裏

一  かかやけるまろき夕日は海におつ      信子  雑 光物 夕 水辺

二  夜のとばりに浮かぶともしび         正一  雑 夜

三  家々の葦簀(よしず)はさやに清しけれ     哲司  夏 居所

四  飾る薬玉糸はあやなす            宜博  夏

五  安らけく雲ゆるろかにおとづれし       智    雑 聳物

六   おほの芽吹きて春の香ぞする                 攝子   春 植物(草)

七  咲きさかる並み立つ花はとこしなへ      ゆり江  春 木

八  和(なぎ)を迎ふる風光る杜          信子    春 神祇


(28・5・4 満尾)


智 九 純一 八 宜博 九 ゆり江 九 恭子 九 律雄 九 房子 五 知子 六

正一 九 攝子 九 信子 十 哲司 八





松山連歌から転載しています。

http://blogs.yahoo.co.jp/jmym0323/folder/1252333.html







 

松山暮色から百韻連歌

 投稿者:    投稿日:2015年 2月13日(金)16時28分19秒
編集済
 




          平成二十七年二月四日 発句


              風塵庵文韻
              賦何鳥連歌



初折表

一  庭もせにほほゑむ梅の暦かな          正一  春 木   居所

二  影に鳴くらむ集ふうぐひす           知子  春 鳥

三   雪残る山のすそ野はいろ映えて         信子   春  降物  山類

四   畷(なはて)のかたに湯けむりの立つ       智     雑  聳  物  水辺

五   うす霧の宿りにわかれ道なかば         恭子   秋  聳物  旅

六   衣を撫づる秋風ぞ吹く             哲司   秋  衣類

七   鹿の音の暫しやみぬる月の出で         律雄   秋  光物  夜 獣

八  三十一文字の草紙に流れ            攝子  雑



初折裏

一  磨る墨は筆の先にも香るらむ          宜博  雑

二  竹の調べにあはれますなり           純一  雑

三  乙女子のいぶかしみつつ現はるる        知子  雑 人倫

四  面(おも)を装ひ二の酉詣づ           律雄  冬 神祇

五  荒ぶるや木枯しすさび神を祈(ね)ぐ       智   冬 神祇

六  君を守らふあけぼのの星            正一  雑 光物 朝 人倫

七  連れ添ひて旅ゆく姿なりあひし         哲司  雑 人倫 旅 恋

八  まほの里にて文待ちこがる           恭子  雑 居所 恋

九  蝉のこゑ木隠れいこふ夕つ方          信子  夏 夕 虫

十  ほつれ衣を纏ふ梅雨さむ            知子  夏 衣類

十一 咎もなき罪を背負ひて島暮らし         宜博  雑 山類 水辺 述懐

十二 さらにかすすげよ潮干の真砂          正一  春 水辺

十三 花の雲遠退きてなほ色しるき          智   春  聳物 木

十四 朧の月の入る隙もなし             純一  春 光物 夜


二折表

一  満ち足りて野山麗し今朝の夢          攝子  雑

二  産湯につかる嬰児のゐて            信子  雑 人倫

三  苦にならずたつき飯盛り洗い物          律雄  雑

四   仏の道はほれ目の前に             宜博  雑

五    夏草の茂れる中を分けてゆき          哲司  夏  草

六   岬の果てにひとり佇む             攝子  雑 人倫

七  燃えつきてこの恋捨つる波しぶき        恭子   雑  水辺 恋

八   昨日(きぞ)の睦言朝露と消ゆ             智   秋 朝 降物 恋

九   名月や巫女の舞ひたる手に入りぬ            律雄  秋 光物 夜 人倫 神祇

十   ねたむ叢雲さ霧呼ぶらし               純一  秋  聳物

十一  はれやかに駒いななきて旅立てば            恭子  雑  獣 旅

十二  甘きを求めただ姦しく              知子  雑

十三  辛きこと雨水に流しむねあきて            正一  春  降物 水辺

十四  池の堤にひそと咲く田菜             信子  春  水辺 草


二折裏

一  蒔く種をつつく烏のにくらしさ            宜博  春 鳥 草

二  騙されまいぞ柔し声色              智   雑

三  羅のかんばせ仄か逢魔時              攝子  夏 夕 衣類

四  わななき切りし九字の印形             律雄  雑

五  尼の琵琶いずこともなく流れきぬ        恭子  雑 人倫 釈教

六  心しづまり独り酒酌む             正一    雑 人倫

七  片恋のゆくへは如何に神知らず             攝子  雑 恋

八    つのる思ひにそうて舞ふ雪                智    冬 降物 恋

九  したたにも寒き朝明(あさけ)に笠もなく         純一  冬 朝 衣類

十  なんとしてかや顔をかくして              哲司  雑

十一 情けなし引っ掻き傷の知恵詣で             知子  春 釈教

十二 春の雁入る夕月白し                  信子  春 光物 夕 鳥

十三 つれづれを慰められし花盛り              哲司  春 木

十四 歌詠むことも忘れけらしな               宜博  雑


三折表

一  屋形曳くすみだの川音さやかにて         純一  秋 水辺 名所

二  瑠璃色の空いわし雲あり              攝子  秋 聳物

三  野分すぎ心の疵も癒えさりぬ          正一  秋

四  問はずがたりのふと老いの愚痴         恭子  雑 述懐

五   子は親をまねても似ざることばかり       宜博  雑 人倫 述懐

六  眠れぬままに夜想曲聴き            知子  雑 夜

七  あぢさゐの移ろふ影を月に見む         智   夏 光物 夜 草

八  早苗をゆらす田ゐわたる風           信子  夏 草

九  いつくしき夏越の祓(はらえ)雨となり      純一  夏 降物 神祇

十  思はぬ人の思ひ消ちたし            正一  雑 人倫 恋

十一 方違へしつつ大臣の訪へば           知子  雑 人倫 恋

十二 衣焚き染む閨にほやかに            哲司  雑 夜 衣類

十三  雪おほふ小野の庵はしづまりぬ         信子  冬 降物 居所

十四 兎いづこに足跡ばかり              恭子  冬 獣


三折裏


一  目を凝らせ耳を澄ませよ塵の世は          正一  雑 述懐

二  神の骸に生(あ)れし稲粟(いねあは)        宜博  雑

三  すべからく醪(もろみ)白糟薬(くす)とせむ     智    秋

四  病癒えたり紅葉うら映ゆ            哲司  秋 木

五  苔深き筧流るる水さやか            純一  秋 水辺 草

六   賎が家なれどつくす拵へ            宜博  雑 居所

七  腕利きの主ゆゑにて風読みぬ            知子  雑 人倫

八  霜夜の月のあかり踏みしめ           恭子    冬  光物  夜  降物

九  さまよひし去年先つ年浮かべたつ          攝子  冬 述懐

十  お寺参りの御利益ありや            哲司  雑 釈教

十一 悪縁を切りて良縁結びたし              正一  雑

十二 行くも帰るもああ鳥曇り              律雄  春

十三 めぐりくる花の頃ほひ事始め            信子  春 木

十四 衣手ひろぐ青陽の庭              攝子  春 居所 衣類



名残折表

一  沖霞む父の舟かと見つめをり          知子  春 聳物 水辺 人倫

二  伝へたきこと水茎にこめ            律雄  雑

三  名にし負ふ逢坂山を越えがたき         智   雑 山類 名所

四  人の情けを知る旅ならむ            宜博  雑 人倫 旅

五  誰(た)も彼も虹のかなたにいざなはれ      恭子  夏 聳物 人倫

六  夕立(ゆだち)のあとは蝉の抜け殻        純一  夏 夕 降物 虫

七  うつし世の命短し燃えつきん           信子  雑 述懐

八  ただひたすらに河は流るる            律雄    雑  水辺

九  谷渡る風の行方はいづくぞや           哲司  雑 山類

十  籠もれる妻にそと会はむとて           智    雑 人倫 恋

十一 思ひかけかよふ路こそ露をふめ          正一  秋 降物 恋

十二 別れの辛き菊薫る朝              哲司  秋 朝 草 恋

十三 寝もやらず打ち添ふ月の優しさよ         攝子  秋 光物 夜 恋

十四 たとへ儚き夢にてもあれ            純一  雑 恋



名残折裏

一  ながめやみ晴たる空に雲はなし         律雄   雑 聳物 降物

二  果てなき海のかがよふごとき          知子   雑 水辺

三  寿ぎの豊の宴は賑はひて            攝子   雑

四  ついばむ田鶴もゆふの一声            恭子   冬 夕 鳥

五  かの村にいつしか煙たちのぼり          純一   雑 聳物

六  すやりがすみにいりてまじらむ          律雄   春 聳物

七  忘れめや花を主となせる宿            宜博     春  木  居所

八  よろこび添へる長閑なる舞           信子   春





   平成二十七年九月二十三日 満尾

句上
  正一 十  知子 十  信子 十  智  十  恭子 十  哲司 十
  律雄 十  攝子 十  宜博 十  純一 十






松山連歌から転載しています。

http://blogs.yahoo.co.jp/jmym0323/folder/1252333.html



 

松山暮色から百韻連歌

 投稿者:   投稿日:2014年10月 4日(土)03時39分56秒
編集済
 




    平成二十六年六月十日 発句

       風塵庵文韻
       四字上下略




初折表

一  にぎたつに青葉若葉のしげりかな      宜博 夏 木

二  いよよ増しなる啼くほととぎす       律雄 夏 鳥

三  あまつそら高日に向かふ雲射して      攝子 雑 光物 聳物

四  流れもたえぬ谷の湧水           純一 雑 山類 水辺

五  をみなへしそと岩が根に咲きけらし     正一 秋 草

六  里まぢかなり秋津いざなふ         哲司 秋 虫 居所

七  夕されば弓張りの月浮かびいづ       信子 秋 光物 夕

八  旅の灯しの篝うれしき           知子 雑 夜 旅



初折裏

一  雲居にもやがて吹きぬる風のあり      律雄 雑 聳物

二  時雨るる山の美(うま)し透き影       正一 冬 降物 山類

三  雪分けてうつせみの人来たるらし      哲司 冬 降物 (虫) 人倫

四  越と伊予とに離れし夫(いも)よ       宜博 雑 人倫 恋 名所

五  香をきき面影しのび文抱く         恭子 雑 恋

六  袿(うちき)の袖をしとど濡らしつ      攝子 雑 衣類 恋

七  物思ふ旅にしあれば悲しかり        知子 雑 旅 述懐

八  屋陰に白しどくだみの苞(つと)        信子 夏 植物(木・草)

九  年々の常にもまして日盛りに        宜博 夏

十  幼きをのこ海に浴むらむ          律雄 夏 水辺 人倫

十一 漕ぎ出づる絵島が崎に休らひて       純一 雑 水辺 名所

十二 朧に聞こゆ鐘はいづくぞ          哲司 春 釈教

十三 花満ちて一夜の夢の如くなり        正一 春 夜 木

十四 山影に月ただ冴え返る           知子 春 光物 夜 山類



二折表

一  念ずれば幸ひ越すとひとのいふ       攝子 雑 人倫

二   初雪そ降る薄墨の里            恭子 冬 降物 居所

三  枯野ゐてくすくす声におどろきぬ      律雄 冬

四  のうさぎ跳ねてあら(雑)草生ゆる      信子 冬 獣 草

五  浦風に潮の香にほふ旅衣          哲司 雑 水辺 衣類 旅

六  闇に隠(なば)るる伊勢の遷宮(みうつり)   宜博 雑 夜 名所 神祇

七  手を合わせおよびなきこと念じ入る     知子 雑

八  愛しきひとは霧の彼方に          純一 秋 聳物 人倫 恋

九  澄み渡る天(あも)より高き思ひ入れ     恭子  秋   恋

十  めぐる憂き世にあかときの月        正一 秋 光物 朝 恋

十一  道すがら川の流れに歩みそひ         信子 雑 水辺

十二 泥(ひぢ)にまみれし猫の三匹         律雄 雑 獣

十三 夕立ちを遣り過ごしゐる軒の下       哲司 夏 夕 降物 居所

十四 とほめずらしき虹たたなづく        攝子 夏 聳物


二折裏


一  怠らぬ法の勤めを知ろしめせ        宜博 雑 釈教

二  置き処なし目に余る科(とが)        純一 雑

三  どこまでも真っ向に咲く冬薔薇       知子 冬 草

四  鷹も気高しいや舞ひ誇れ          恭子 冬 鳥

五  齢つみ皺よする笑みおもしろし       信子 雑

六  折に忍の乱れもありや           正一 雑 恋

八  車に乗りて階(きざはし)にあり       律雄 雑

九  徒歩ゆくや三社祭のにぎはひに       知子 夏 神祇

十  雨を乞ふるか笛も太鼓も          哲司 夏 降物 神祇

十一  年久に讃岐の国は豊かなり         恭子 雑 名所

十二 津々の宿にも待たるる初音         純一 春 水辺 鳥 旅

十三 をちこちの花の便りを聞くほどに      宜博 春 木

十四 春もたけなはそぞろなりしも        攝子 春



三折表

一  をとめ子の一装ひ連る衣文掛け       正一 雑 人倫 衣類

二  うから集ひし御仏の前           恭子 雑 人倫 釈教

三  あはただしなすすべもなし禍事(まがこと)に 知子 雑

四   はかなやこの世きのふけふあす       宜博 雑 述懐

五   風にゆる出立ち寿くかどの萩        信子 秋 草 旅

六   寄り添ひて舞ふ秋のてふてふ        攝子 秋 虫 恋

七   盆の月ふりき思ひに涙せし         哲司 秋 光物 夜 恋 述懐

八  蝋燭ともすあたり密やか          恭子 雑

九  今はもう行く手さへぎる者もなく      純一 雑 人倫

十  霞のなかにひねもすのたり         信子 春 聳物

十一 のどかなり物に憑きたる狸らし       正一 春 獣

十二 木の葉も金に変はる初午          宜博 春

十三 早蕨のつまはいづくにもとめしか      律雄 春 草

十四 野焼きの大地よみがへりらむ                知子  春



三折裏

一   ゆくはしのうしこそしのべ連歌祭      純一 雑 人倫 名所 述懐

二  いや美しきやまと言の葉          攝子 雑

三  ささなみに乗りて着きたる舟のあり     律緒 雑 水辺

四  懐かしの山つらなり迫る          恭子 雑 山類

五   群れつどふ田鶴鳴きわたり夕日落ち     哲司 秋 光物 夕 鳥

六  里の灯りに露もにほふや          正一 秋 夜 降物 居

七   茅葺の屋戸の紅葉は色づきて        純一 秋 木 居所

八   ひとりことのは肌寒にしむ         律雄 秋 人倫

九   片思ひ辻占(つじうら)の卦に出でしとは   宜博 雑 恋

十   こがるる恋もやうやうに消ゆ        信子 雑 恋

十一 おく霜に宮の玉砂かがやきて         恭子 冬 降物 神祇

十二 わが世の春も楽しかりけり          攝子 春 人倫

十三 この花は苔の生すまで守りゐる       純一 春 木・草

十四 月の変若水(をちみづ)明日葉に受け      宜博  春 光物 草 夜 水辺


名残表

一  老ゆるとも心肝こそこまがへれ        正一 雑 述懐

二  鞍を取り替へあぶみ確かむ         律雄 雑

三  備へなくとみな戦に息をのむ        信子 雑

四  祭に踊れ犬もましらも           哲司 夏 獣 神祇

五  皐月きてそこはかとなく良き香り      知子 夏

六  狭庭なまめきゆる辻が花          正一 夏 居所

七  いにしへにはせる思ひの愛ほしく      恭子 雑 恋 述懐

八   三度は開けじ海女の文箱は         宜博 雑 水辺 人倫 恋

九   螺鈿には封印された恋模様         攝子 雑 恋

十   雪の都に琵琶の声聞く            信子 冬 降物

十一 遷りても住めば住みぬる遠つ人       純一 雑 人倫

十二 衣手の濡れ鵲立ちぬ            知子 秋 鳥 衣類

十三 いくたびも無月のいとま風ゆれて      恭子 秋 夜

十四 さびしからずや一輪の菊          哲司 秋 草



名残折裏

 一 うらどしの疎かなる実をいてふ付け      律雄  秋 木

 二 されど豊けし秋も来にけり          純一  秋

 三  賑はひと離れてありし侘び住まひ      哲司 雑 居所

 四 緩びし瓦繕ひがたし            知子 雑 居所

 五 吹きすさぶ嵐のあとに道もなく       宜博 雑

 六 やがて岩秀の薄氷もとけ           信子  春  水辺

 七 とほめにや霞か花か山けぶる        攝子 春 聳物 山類 木

 八 あめつち歌ふよろこびの春                  正一 春






(平成二十七年一月三十日 挙句)
句上
宜博 十二    律雄 十一    攝子 十一    純一 十一    正一 十一   哲司 十一
信子 十一   知子 十一   恭子 十一


松山連歌から転載しています。



http://blogs.yahoo.co.jp/jmym0323/folder/1252333.html



 

百韻連歌

 投稿者:   投稿日:2014年 2月20日(木)21時49分45秒
編集済
 


  平成二十五年九月十五日発句


         風塵庵文韻
          賦朝何連歌




発句  幾重にも霧たちぬるか松浦(まつら)潟   純一 秋 聳物 水辺 名所

脇句  はれて船出を待つ今朝の秋        宜博 秋 朝 水辺 旅

第三  引き絞る弓張り月のかかやきて      攝子 秋 光物 夜

四   まばゆき露も玉となりたる        真紀子 秋 降物

五   たをやかに葉はそよそよと萩の舞ふ    信子 秋 草

六   大きなるまる鳥の描きし         律雄 雑 鳥

七   立ち並ぶ衣鄙辺を彩(あやな)せり      知子 雑 居所 衣類

八   すがすがし山そばふ白南風        正一 夏 山類



初折裏

一   旅にあり憩ふ泉の水清く         哲司 夏 水辺 旅

二   川のせせらぎ琴の音ににて        信子 雑 水辺

三   初色のむかしみかへす影ふたつ      正一 雑 人倫 恋

四   夜のとばりにあはれ溶けゆく       攝子 雑 夜 恋

五   こは伊予かいっそひきよせ肩抱けば    律雄 雑 恋 名所

六   はやる心を秘か事とす          純一 雑 恋

七   白鳥の羽風に揺れる葦の原        真紀子 冬 鳥 草

八   狐は憐れ遠ざくばかり          知子 冬 獣

九   古塚を主より隠す雪降りて        宜博 冬 降物 人倫

十   暮れなずむ里灯りまたたき        哲司 雑 夕 居所

十一  峠より見ゆる山川慕はしく        攝子 雑 山類 水辺

十二  やうやうぬくき風吹き渡る        与三郎 春

十三  世の憂さは花ゑみそめて晴々し      正一 春 木

十四  月もさかりぞ朧なれども         純一 春 光物 夜



二折表

一   ふりむけば城の天守は浮かびゐて     信子 雑

二   よしあき殿はいとうるはしく        知子 雑 人倫

三   稲刈りて藁焼く煙たなびけり       与三郎 秋 草 聳物

四   まづさきがけに渡る老鶴         宜博 秋 鳥

五   露の身の嘆かはしきは常ならむ      純一 秋 降物 人倫 述懐

六   さらでこそ見め川の流れを        律雄 雑 水辺

七   かたくなし思ひ動かじ山の如       正一 雑 山類

八   日影をうけて装ひあらた         信子 雑 光物

九   大伽藍取り巻く明けの虎落笛       攝子 冬 朝 釈教

十   凧揚げる子ら声も弾みて         哲司 冬 人倫

十一  よどみたる雲居の鳥のけはしけれ     与三郎 雑 聳物 鳥

十二  岩秀を垂る清ら湧き水          純一 夏 水辺

十三  月涼し導かれつつそぞろ行く       知子 夏 光物 夜

十四  伏庵に待つやさし人影          攝子 雑 人倫 居所 恋




二折裏

一   思へども返しの歌もままならで      宜博 雑 恋

二   指折り数へ過ぎし日を追ふ        与三郎 雑 述懐

三   しみじみと美し酒酌み琴を聴く      哲司 雑

四   いつしか雪の幽か訪なひ         正一 冬 降物

五   風の凍て湯築の城を彷徨ひぬ       律雄 冬 名所

六   朋と語らふ久の旅宿           信子 雑 人倫 旅

七   神かけて誓ひし夢ぞ忘れまじ       宜博 雑 神祇

八   笑顔(ゑみがほ)溢る穏(おだ)し世とはに  知子 雑

九   雁が音のわびしかなしはえもいへず    律雄 秋 鳥

十   宵月仰ぐ影も寄り添ひ          哲司 秋 光物 夜 恋

十一  霜よりもしろきうなじに手を遣りて    純一 秋 降物 恋

十二  御湯にただよふ黒髪の香よ        与三郎 雑 水辺 恋

十三  恋すてふ今を舞ひしか花吹雪       攝子 春 木 恋

十四  忍ぶひとつや霞につつむ         正一 聳物 居処 恋



三折表

一   あをにびの衣を反す落し角         知子 春 獣 衣類

二   灯す明かりに汝(なれ)も弔へ        宜博 雑 夜 人倫 述懐

三   お大師のあまた営む札所          信子 雑 人倫 釈教

四   凩はこぶ鐘の音遠く            哲司 冬 釈教

五   霜柱しかと踏み込むをもしろさ       律雄 冬 降物

六   冬の夕焼け火の鳥のごと          与三郎 冬 夕 鳥

七   瀬戸内の砂の銭形影まして         信子 雑 光物 名所

八   松の林に響く波音             攝子 雑 水辺 木

九   ともがらの恙なくあれ酒宴(さかみづき)   知子 雑 人倫

十   庭にいつしか上風のきぬ          純一 雑 居所

十一  霧晴れて香の匂ひもかぐはしき       哲司 秋 聳物

十二  供へむがため芋(うも)の煮えなむ      律雄 秋

十三  妨ぐるものなく満つる月今宵        宜博 秋 光物 夜

十四  山やすらけく黄葉綾なす          正一 秋 山類 木



三折裏

一   笹舟のながれ恋しき泉がは         純一 雑 水辺 草 名所

二   よどみかへりて上津屋(こうづや)の橋     律雄 雑 水辺 名所

三   山車の並み掛け声高くうち過ぎし      哲司 夏 神祇

四   古代の杜に降る蝉時雨           攝子 夏 虫 神祇

五   昼下がり石(いわ)踏み平(なら)す通ひ路   純一 雑

六   夢のなかにぞ思ひかわせし         信子 雑 夜 恋

七   たどたどし袖をぬらすも幻か        知子 雑 衣類 恋

八   霧のなかへと夫の去りゆき         哲司 秋 聳物 人倫 恋

九   円座(わらうだ)の上に残りし吾亦紅     律雄 秋 草

十   とぼそはなてば雨の夕月          正一 秋 光物 夕 降物 居所

十一  老いの身になどか便りの届かざる      宜博 雑 人倫 述懐

十二  深山隠れに鶯のこゑ            純一 春 山類 鳥 人倫

十三  散らふ花谷を流るる水いろふ        信子 春 水辺 (山類) 木

十四  遥けき衣に朧なる鐘            知子 春 衣類


名残折表

一   ひさかたの薄日は小野を清めけり      真紀子 雑 光物

二   雲はちりゐてやすらひのとき        律雄 雑 聳物

三   静かなる朝の里曲に雪被(かづ)く      信子 冬 朝 降物 居所

四   別れし人の跡は残らず           宜博 雑 人倫 恋

五   くれなゐの筆火にくべてなみだ尽き     正一 雑 恋

六   折々に見ゆそは幻か            哲司 雑

七   経となふ禊の日々のさみだるる       知子 夏 降物 釈教

八   滝打つ身にも煩悩やある          正一 夏 山類 水辺 人倫

九   遊子みな天を翔け舞ふ鳥のごと       真紀子 雑 鳥 人倫 旅

十   国の境をやすやすと越え          宜博 雑

十一  石築地(ついぢ)つきし屍に手篤くす     律雄 雑 述懐

十二  あまた年ゆき榧(かや)の実と化し      知子 秋 木

十三  風そよぎ盃に招(を)く月に酔ひ       信子 秋 光物 夜

十四  虫鳴きやまず我が意えたりと         純一  秋  虫 (人倫)



名残折裏

一   新室の白真砂にも叢あり          攝子 雑 居所

二   藻塩の煙のぼる幾筋            宜博 雑 聳物

三   峰々は雪のけはひに鎮められ        哲司 冬 降者 山類

四   足あとうすく兎駆け去る          知子 冬 獣

五   夕づく日ふるき碑かげを伸ぶ        正一 雑 光物 夕

六   つくづくし揺れのもせ息づく        攝子 春 草

七   枝の先に花のあらざる処なし        律雄 春 木

八   言の葉紡ぎかなづ春衣           信子 春 衣類





     平成二十六年五月十七日 満尾

句上  純一 十一  宜博 十一  攝子 十   真紀子 四
    信子 十二  律雄 十二  知子 十二  正一 十一
    哲司 十一  与三郎 六










下記ブログから転載しています。

松山暮色 連歌  http://blogs.yahoo.co.jp/jmym0323/folder/1252333.html





 

百韻連歌    

 投稿者:櫻子  投稿日:2012年12月 2日(日)16時33分29秒
編集済
 


平成二十四年四月七日発句

    風塵庵文韻

    賦 何 船



初折表
一  緑立つ御輿(およよ)かしづく社かな   攝子 春  神祇

二  千木を舞ひ引く鴨の一群         純一 春  神祇 動物(鳥)

三  夕東風にほころぶ梅は匂ひゐて       哲司 春  時分(夕) 植物(木)

四  やがて降り初むやさし春雨        正一 春  降物

五  波もなき岸に小舟や浮かぶらむ      宜博 雑  水辺

六   はるけき峰に雲ふたつ三つ        宏充 雑  山類 聳物

七  有明の月うすらぎてひそとあり      知子 秋  時分(朝) 光物

八   軒に侍りし色鳥来啼く          律雄 秋  居所 動物(鳥)




初折裏
一  柿もみぢ旅の故郷よきけはひ       正一 秋  植物(木) 旅 居所

二  風に敷かれて草の葉の揺れ        攝子 雑  植物(草)

三  荒れ寺の階(はし)はいつしか傾ぶきぬ   宏充 雑  釈教

四   忍ぶ逢瀬を契りし方や          哲司 雑  恋

五  睦ましく浴衣の君と枕言         純一 夏  時分(夜) 恋 人倫 衣類

六  鳴かぬ蛍ぞなほゆかしかり        宜博 夏  時分(夜) 動物(虫)

七   貸し借りの筬火となるも諍ひて      律雄 雑  光物

八  哀れぞと思ふ人の性とは          宏充 雑  人倫

九  顔(かんばせ)の皺の深さもそれぞれに   攝子 雑  人倫

十  水面は永久にこともなく揺れ       知子 雑  水辺

十一 空を舞ふぬくとし風や山の声       信子 春  山類

十二 霞吹きなす月いでくかや         正一 春  光物 時分(夜) 聳物

十三 夜半の花いにしへびとは畏れをり     知子 春  時分(夜) 植物(木) 人倫 述懐

十四 神鎮めるか一差しのまひ         律雄 雑  神祇





二折表
一  ゆるゆると開く岩屋戸厳かに       宜博 雑

二  母よりいでし匂ふ玉の緒         信子 雑  人倫

三  冬うらら清き渚に潮は満つ        宏充 冬  水辺

四  入り日さす見ゆ凍つる島崎        純一 冬  光物 時分(夕) 山類 水辺

五  鳥やすむひと本の松かなしけれ      哲司 雑  動物(鳥) 植物(木)

六  あはれあはれと風の過ぎゆく       攝子 雑  述懐

七  うつせみの情けやさしさおもひしみ    信子 夏

八  羅(うすもの)の香のいと慕はしく     知子 夏  衣類 恋

九  旅のやど契り果(おほ)せず悔ゆばかり   正一 雑  居所 旅 恋

十  昨日も今日も酒びたりつつ        宜博 雑

十一 もみぢ葉の染むる梢を愛づ大臣      純一 秋  植物(木) 人倫

十二 わづらひ忘る野山の錦          信子 秋  山類

十三 六尺の世にも等しく月は射す       宜博 秋  光物 時分(夜) [漢音]

十四 邯鄲の音は誰をいざなふ         哲司 秋  動物(虫) [漢音]





二折裏
一  唐よりの古き言の葉まねぶなり      知子 雑

二  ほのかに薫るかの地吹く風        宏充 夏

三  雲流れひろごる空に思い充ち       正一 雑 聳物

四  ゆくへを問へど朧の影か         律雄 春

五  春寒き京(みやこ)隔つる峯白し      信子 春 山類

六  霊の泉の薄氷(うすらひ)も解け      純一 春  水辺

七  匂やかな花ぞ開きて慰さもる       攝子 春 植物(木)

八  家いで立ちて三年うち過ぎ        正一 雑 旅

九  歌詠みの媼とはいへ声清し        哲司 雑 人倫

十  膝踏み舞へば揺るる青の裳        攝子 雑 衣類

十一 六波羅は伽藍に薄く雪やどり       純一 冬 名所 釈教 降物

十二  情けをのこし冴ゆ月の影         信子 冬 光物 時分(夜) 恋

十三 櫛梳かば妹の黒髪艶(なま)めきて     至雨 雑 恋 人倫

十四 鏡にうつる猫の舐(なんめ)り       宜博 雑 恋 動物(獣)




三折表
一  たばかりぬ世にすさまじきあだ心     知子 雑 恋

二  御魂安らへ萩が白露           攝子 秋 植物(草) 降物 述懐

三  秋深し終のけぶりは一直(ひとすぐ)に   正一 秋 聳物 述懐

四  おりしも聞こゆ風の盆唄         純一 秋 述懐

五  旅ゆかば囃子の遠音気もそぞろ      信子 雑 旅

六  澪引きそひて舟ながしたる        至雨 雑 水辺

七  乱れ飛ぶ蛍火群れてめくるめき      哲司 夏 動物(虫) 時分(夜)

八  夜の短きをいとほしむべく        宜博 夏 時分(夜)

九  うひ孫の笑まひ囲みてかたりあふ     攝子 雑 人倫

十  なよよかにして祝ふゆくすゑ       正一 雑

十一 戦世を忌み護らむは山河こそ       知子 雑 (漢音)

十二 大地芽を吹く輪廻のごとし        信子 春 植物(草)釈教 (漢音)

十三 宵月の朧なる影身にまとふ        攝子 春 光物 時分(夕)人倫

十四 陽炎立ちて揺らぐつはもの        哲司 春 聳物 人倫




三折裏
一  狩衣の裂(きれ)にぞ歌を書きてやる    宜博 雑 衣類

二  けふとどけばや雁の使ひよ         純一 秋 動物(鳥)

三  案山子(そほづ)みる思ひはろばろ渡らふを 信子 秋 恋

四  ゆゑに別るるかなし秋雨         正一 秋 降物 恋

五  あらがへぬ険しき老ひに庵も朽ち     至雨 雑 居所 述懐

六  連れ立ちゆくは深山青垣         知子 雑 山類

七  見はるかす都はまさに朝の色       攝子 雑 旅 時分(朝)

八  打ちし斎杙(いくひ)の水影(みかげ)涼しき 宜博 夏 水辺 神祇

九  称名のまざりて聞くや滝の音       哲司 夏 水辺 釈教

十  月こそ淡き蝉しづもりし         純一 夏 光物 時分(夜) 動物(虫)

十一 外つ国の空の碧さに息をのむ       知子 雑

十二 梅はほころぶ雪かづきしも         信子 春 降物 植物(木)

十三 憂き世にも盛りはありや花の道      哲司 春 植物(木) 述懐

十四 佐保姫わたる夢の浮き橋         攝子 春 人倫




名残折表
一  あやぶむる内なる思ひ燃えけらし     正一 雑 恋

二  たぎるいろありをかし新室        信子 雑 恋 居所

三  ますらをの寄せし文をば袖に抱き     宜博 雑 恋 人倫 衣類

四  かの冬の夜を美しと見ぬ         純一 冬 時分(夜)

五  木枯しやとまれかくまれゆきどまる    知子 冬

六  ものみな伏して荒野となるらむ      攝子 雑

七  山あひに狼煙の上がる何ごとぞ      哲司 雑 聳物 山類

八  民に万機を問ふときと知れ        正一 雑 人倫 俳

九  膏薬も貼れば効くとは限らぬに      宜博 雑 俳

十  痛み封じの神頼みなる          知子 雑 神祇

十一 秋祭り村人集ひ御酒(みき)賜ふ      信子 秋 神祇 人倫

十二 扇に添ふる菊いろいろし         攝子 秋 植物(草)

十三 枝あまた掴まふとてか今日の月      哲司 秋 光物 時分(夜) 植物(木)

十四 奇しくも夜の虹かかり立ち         宜博 夏 聳物 時分(夜)



名残折裏
一 雨やみの知らぬひととき傘をさし      正一 雑 降物

二 つららは折れてしづく調ぶる        知子 冬 水辺

三 二羽三羽庇に遊ぶ凍て雀          攝子 冬 動物(鳥) 居所

四 夕さる野面に風打ち吹きぬ         純一 雑 時分(夕)

五 雲間には日影をうけて息を延ぶ       信子 雑 光物 聳物

六 のどけき四方の微睡むがごと        正一 春

七 誰がために咲くにはあらず花は花      宜博 春 植物(木)

八 門出祝うか群れ揚がる凧          哲司  春



(二十四年十二月廿日 満尾)

句上

摂子 十四    純一 十一    哲司 十二    正一 十三    宜博 十三

宏充 五      知子 十二    律雄 四      信子 十三    至雨 三




松山暮色 連歌   http://blogs.yahoo.co.jp/jmym0323/folder/1252333.html




 nikonカメラ
 

隙間風  荒鮭

 投稿者:櫻子  投稿日:2012年12月 1日(土)11時07分11秒
 

荒鮭や一尾届きて大騒ぎ


隙間風うなじの白さへ届きけり


荒鮭や包丁捌きの見せどころ


荒鮭や腹開けられて干されけり



 

湯の宿

 投稿者:櫻子  投稿日:2012年11月18日(日)18時53分56秒
編集済
 


湯の宿の湯音たのしむ秋の暮れ


 nikonカメラ




 

湯豆腐  神の留守

 投稿者:櫻子  投稿日:2012年11月 3日(土)09時08分6秒
編集済
 

湯豆腐の白さに宿る母の顔


ぶくぶくと揺れて賑やか湯の豆腐


冴え冴えと手術病棟神の留守




 

藤袴

 投稿者:櫻子  投稿日:2012年10月30日(火)05時45分26秒
 


朽ちてなお古代を語る藤袴


安らぎを渡りの蝶や藤袴


仕舞家に福助仕立ての菊一本


菊人形今年の干支の竜と玉


どこまでも蒼穹登る赤風船


とりかぶとその柔らかき花袋


真実を葛の葉裏に委ねたり








 

秋海棠

 投稿者:fumika  投稿日:2012年10月15日(月)15時09分40秒
    思ひごとふと声に出て秋海棠  

曼珠沙華

 投稿者:櫻子  投稿日:2012年10月 6日(土)11時41分22秒
 


   世のかぎり我を忘るな曼珠沙華  絲紅




 

未来の俳優

 投稿者:サギ草  投稿日:2012年10月 4日(木)18時49分42秒
  ある若者が大手の会社を辞めて、俳優を目指して上京して頑張っていますが
頑張ってる介があり、名のある会社に入る資格が出来て楽しみにしていますが
若いときは、頭で考え色んなことをチャレンジすることが出来ますが、中堅の
俳優さんになった時、存在感のある俳優になって欲しいと、陰ながら思って
います。(まだテレビにも出てないのに早すぎかな~~  ぴか一のイケメン
です。)
 

恋に年齢は・・・

 投稿者:sakurako  投稿日:2012年10月 1日(月)22時39分30秒
 

あら、素敵ですね。
年齢差30歳以上、考えられないですが……
素敵ですね。

私の友人は13歳年下の人と結婚しました。
二人子どもさんも授かって幸福にされています。

花魁さまのお友達、知らない人ながら、私も応援したいです。 (^_^)


 

恋に年齢は関係ないみたい

 投稿者:花魁  投稿日:2012年10月 1日(月)14時29分39秒
  私の近くに年齢差を30歳以上を超えて愛を貫く人がいますが
それも自然に育んでいるので、何時も感心して遠くから
応援しています~~

女性が年上なのですけど、互いに目線は同じく対等にお付き合いされています。
これからも応援していきたいです~(*^_^*)
 

青空

 投稿者:櫻子  投稿日:2012年 9月27日(木)11時40分51秒
 


この空の続きにありし旅の道 秋の風吹く君が背中に



 

秋時雨

 投稿者:絲紅  投稿日:2012年 9月16日(日)18時47分49秒
編集済
 


秋時雨仄かな恋に柔らかく



 

竹の春

 投稿者:絲紅  投稿日:2012年 9月16日(日)04時48分29秒
編集済
 


流れ星父母のなき故郷へ


秋時雨夜のしじまへ長電話


橙の芽の色哀し彼岸花


黄金田の畦に恋しと曼珠沙華


緋衣草宴もたけなわ午後三時


秋桜空へ空へと揺れ動く


倦むほどに電話かけたし竹の春






 

英虞湾

 投稿者:絲紅  投稿日:2012年 9月 9日(日)09時16分18秒
編集済
 


英虞湾の蒼い夜明けや龍舌蘭


沢蟹やささっと隠れて窺いぬ




 

挨拶

 投稿者:櫻狐太夫  投稿日:2012年 9月 6日(木)07時22分57秒
編集済
 


 にほやかな旅の祠の燃へわたる 篠田の森ぞ吾をかたまつ





 

稲光

 投稿者:絲紅  投稿日:2012年 9月 5日(水)11時39分31秒
編集済
 


稲光心の表裏洗うなり


遠きひと気になる今朝の鹿の声


爽やかや出張しますと電話口


誰も居ぬ座敷の隅にきりぎりす


人恋えば俄かに高しきりぎりす






 

秋の風

 投稿者:ねこ  投稿日:2012年 9月 4日(火)18時01分54秒
 

 日常をよしとする日や秋の風


 生きがいは孫にあらずと秋の風


 健康を第一にして秋の風

 

秋水

 投稿者:絲紅  投稿日:2012年 9月 4日(火)06時33分3秒
 

早稲刈りや背中に暑き陽射しあり


魂の浮遊うながす秋の虹


落とし水いよいよ別れの時来たる


落とし水心の扉閉じたまま


秋の水鯉は静かに泳ぎたり




 

野分

 投稿者:絲紅  投稿日:2012年 9月 3日(月)08時37分32秒
編集済
 

爪紅の共にはぜたる庭の隅


葉鶏頭空を黄金に植物園


どんよりと空迫り来る野分かな
句集、短歌集、ニコン


 

百日紅

 投稿者:櫻子  投稿日:2012年 9月 2日(日)15時43分42秒
編集済
 


くれないの百日紅咲くわが庭に 恋するごとく蝉時雨ふる


魂の抜けし我に与えらる 胡蝶花いのち胡蝶花ことだま


恋しさに涙の絹を纏いゆく 鏡の中に紫陽花は濡れ




 

レンタル掲示板
/1